下記、概要は、2017(平成29)年度版のものです。
2018(平成30)年度概要についてはおって発表いたします。

受験上の注意

入構

試験当日の入構開始時間は8:30です(午後の試験のみ受験する場合の入構開始時間は12:30)。試験開始時刻の30分前までに入構するようにしてください。 入構後は試験終了まで構外に出られません。また、受験生以外の入構はできません。

受験票

プリントアウトした受験票を必ず携帯し、入構の際は掲示してください。試験時間中は机上またはイーゼルの所定の位置に提示してください。試験当日、受験票を紛失・汚損したときは、入構受付係に申し出てください。仮の受験票を発行します。発行に時間を要することがありますが、そのことによる試験時間の延長等は行いません。

遅刻

万が一遅刻をした場合は、入構受付係に申し出てください。試験時間の1/3(6時間の試験の場合は1/6)以内の遅刻の場合は受験を認めますが、試験時間は延長しません。試験時間の1/3(6時間の試験の場合は1/6)を超える遅刻の場合は受験を認めません。

時計

試験場に時計はありません。必要な場合は持参してください。使用する際はアラーム音等を必ず切ってください。また、携帯電話を時計がわりに使用することは禁止します。 計算・辞書・通信・撮影等の機能がある時計や電子機器等の試験場内での使用は禁止します。

携帯電話

試験場内での携帯電話の使用は一切禁止します。試験場に入室する前に必ず電源を切り、カバンにしまってください。

デッサンの選択

油絵学科油絵専攻、油絵学科版画専攻、彫刻学科のデッサンについては、木炭または鉛筆を当日試験場で選択してください。

専門試験(実技)用紙など

実技試験の用紙、キャンバスおよびイーゼル等は本学で用意するものを使用します。

専門試験(実技)の席順

実技試験の席順は、当日試験場で抽選によって決めることがあります。

答案用紙の記入上の注意

答案用紙の指定された氏名欄以外への本人の氏名、受験番号等の記載を禁じます。

試験時間中

試験時間中は試験監督者の指示に従ってください。スケッチブックやスクラップブック等の素材集の使用、用具の貸し借り、私語は禁止します。また、試験監督者の許可なく自席を離れないでください。

不正行為

カンニング等の不正行為があった場合、当該年度の試験はすべて失格とします。

受験の停止

受験に際し、試験監督者の注意や指示に従わなかった場合、または不都合な行為があった場合は、受験の停止を命じます。

試験時間中の事故など

試験時間中に発病その他の事故などが起きたときは、試験監督へ申し出て指示に従ってください。

退出

受験生は、原則として試験時間終了まで試験場から退出することはできません。また、休憩時間中に大学構内から退出することもできません。

昼食

昼食会場は試験当日指示します。試験が午前・午後にわたる場合、昼食を持参してください。構外に買いに出ることはできません。なお、6時間(9:30-16:30)の試験においては、12:30-13:30が昼食休憩時間です。

学校保健安全法で出席の停止が定められている感染症に関する注意事項

試験当日、学校保健安全法で出席の停止が定められている感染症(インフルエンザ、結核、はしか等)に罹患している場合は、他の受験生や試験監督者等への感染の恐れがありますので、原則として受験をお断りしています。

合格発表

合格発表の日程、方法は次のとおりです。
合格発表は【一般方式】、【センターA方式】、【センターB方式】の各方式で行います。
なお【一般方式】、【センターA方式】は、それぞれの専門試験受験番号で行います。
また、合格は合格通知書による通知をもって正式なものとします。

合格発表日

2017(平成29)年2月20日(月)11:00

発表方法

本学webサイトにて発表します。
*合否の確認方法は、webサイトにてご案内いたします。
*本学鷹の台校正門脇掲示板への掲示は行いません。