油絵コースでは、大学の4年間で習得したものを専門的に深く探求し、各自が作品のレベルアップを目指します。また、担当教員とともに、作品の問題点や方向性を専門的・具体的に考えていくのも大きな特徴です。具象的作品から抽象的作品、近年は現代美術を志向する学生も増加し、アトリエは意欲的な作品に溢れています。大学院は、作品を介して初めて会話が成り立ち、批評が成り立つ世界です。学生にとって、画家や美術家になるための重要な時間であり、作品と格闘し、芸術や世界を考えることで、そのステップを一歩一歩進んでいきます。

[コース別必修科目] 絵画研究Ⅰ/絵画研究Ⅱ/絵画研究Ⅲ

理念・教育目標

大学院造形研究科美術専攻油絵コースでは、充実した制作環境と指導体制における作品制作が最も重要です。そこから生み出される作品は視覚的な美しさを持つだけでなく、批評的強度を持ちうるものでなければなりません。さらに大学院修了後に作品制作のエキスパートとして活動していくためには、自作品における可能性や問題点を客観的にとらえ、実践していけることが重要です。それには実制作だけにとどまらず作品の構造を論理的にとらえ、美術史や社会状況をふまえた柔軟な思考による研究姿勢が望まれます。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

大学院造形研究科美術専攻油絵コースでは、学生の主体的で自由な制作を最大限に活かせるようにカリキュラムを編成しています。美術作家の養成を明確な目的とした本コースでは、在学中から学生という立場を超えて、ひとりの美術作家として自らの作品制作・研究を行う意識を養うことが最も重視されます。そのため大学院1年次では「絵画研究Ⅰ・Ⅱ」、2年次では「絵画研究Ⅲ」というように課題をシンプルに編成し、学生のさまざまな制作スタイルに柔軟に対応できるように配慮されています。そのなかで学生たちは、担当教員を中心にさまざまな教員や周りの学生たちとの対話のなかから作品制作の具体的な方向性を模索し、美術史や社会状況をふまえた深い思考による研究の機会を持ちます。またカリキュラムにかかわらず、活躍中の美術作家や美術批評家、学芸員などの外部からの特別講師などによる直接指導が随時行われ、学生の制作・研究をサポートしていきます。

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)

大学院造形研究科美術専攻油絵コースでは、絵画を中心に、インスタレーション、映像などさまざまなジャンルの美術作家を養成することを主な目的としています。そのため入学者には作品に十分な内容と質を備えていることに加えて、知的好奇心を持ち、常に謙虚に学ぼうとする姿勢があり、作品制作、作品研究の双方に高い向上心を持って取り組めることが重要です。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

大学院造形研究科美術専攻油絵コースでは以下のような学生に学位を与え、修了認定をします。

  • 主体的に作品制作に取り組み、美術作家として質の高い独自な表現を身につける。
  • 絵画を中心とした美術史・美術理論に幅広い知識を有し、それをふまえた観点から作品制作者としてのみならず、批評性を有した作品鑑賞者としても柔軟に美術をとらえることができる。
  • 自らの作品制作を通じて様々な社会状況と有機的な関わりを模索し、美術の世界だけにとどまらず、社会性を持った美術作家としての意識を持つ。

油絵コースの教員、研究室スタッフは造形学部油絵学科油絵専攻の教員紹介ページをご覧ください。専任教員には詳しいプロフィールへのリンクもあります。

研究室サイト

油絵学科 油絵研究室の特設サイトもご覧ください。
油絵学科 油絵研究室サイト

入試情報