基礎デザイン学コースでは、デザインの各専門領域や造形に通底する問題、あるいはデザイン論やデザイン史、形態、色彩についての諸説や歴史を、情報・通信をはじめとする技術革新や産業・生活構造、社会変革の中に位置づけながら、社会的・人間的・文明的な文脈において研究します。顕在化してきている情報やメディアのためのデザイン、社会のためのデザイン、グランドデザインの領域においても上記の視点からさまざまな問題が発見され、新たな研究領域が拓かれつつあります。また、それらの問題に対する理解や解決、批判、デザインの提案については、問題を総合的に捉える思考と方法論が求められています。

[コース別必修科目] デザイン論特論Ⅰ/デザイン理論演習Ⅰ/デザイン論特論Ⅱ/デザイン理論演習Ⅱ

理念・教育目標

基礎デザイン学コースでは、デザインの各専門領域、広く造形に通底する問題、あるいはデザイン論、デザイン史、さらに形態や色彩についての諸説やその歴史を、今日の情報・通信をはじめとする技術革新や産業・生活構造に位置づけながら、社会的・人間的・文明的な文脈において研究します。現在顕在化してきている情報やメディアのためのデザイン、社会のためのデザイン、グランドデザインの領域においても上記の視点からさまざまな問題が発見され、新たな研究領域が拓かれつつあります。また、それらの問題に対する理解や解決、批判あるいはデザインの提案に対しては、問題を総合的に捉える思考と方法論が求められています。基礎デザイン学は、社会的・人間的・文明的な文脈の中にデザインの研究・応用領域を拓いていく創造的な研究領域であるといえます。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

2年間を通して、デザイン論特論を必修としています。その特徴は、デザインと美術に通底する造形の問題を歴史的な視点から批判的に検討することと、哲学と科学の方法論を記号論を中心として学ぶことにより総合的な視点を獲得することです。
デザイン理論演習では、専任教員により、以下のような専門的な指導を行います。

  • コミュニケーション・デザインの手法
  • デザインと科学を架橋する視点からの造形
  • 生活におけるデザインの源泉としての「美」や「魅力」の実証的な研究とデザイン
  • 表現の生成や構造に関する研究
  • 造形(形態と色彩)の水脈を探る思想と理論
  • インタラクションに基づくデザイン

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)

教育目標に基づいて、デザインの理解を社会的・人間的・文明的な文脈に広く求め、逆にそれらの文脈の中にデザインの研究・応用領域を拓いていくことができる人材、また日常生活の中にそれを展開しうる人材、デザインばかりでなく、研究の視点によりそれらに貢献しうる人材を求めます。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

修士制作・論文に、2年間の研究成果が反映されていることが求められます。デザインの問題が発見され、それに対して総合的な視点からの検討がなされ、デザインあるいは研究の成果が知識資源として社会に貢献することを意図していることが求められます。

基礎デザイン学コースの教員、研究室スタッフは造形学部基礎デザイン学科の教員紹介ページをご覧ください。専任教員には詳しいプロフィールへのリンクもあります。

研究室サイト

基礎デザイン学科研究室の特設サイトもご覧ください。
基礎デザイン学科研究室サイト

入試情報