伊藤那菜Ito Nana

作品写真:格子から派生する平面/立体
作品写真:格子から派生する平面/立体
作品写真:格子から派生する平面/立体

格子から派生する平面/立体plane / solid to be derived from a lattice

キャンヴァス、ドローイング、立体|キャンヴァス、油絵具、木炭紙、チャコールペンシル、木材、アクリル絵具Canvas, drawing, three-dimensional|Canvas, oil paint, charcoal paper, charcoal pencil, wood, acrylic paintH410 × W410mm ×8点、H530 × W530mm、H1000 × W1000mm、H380 × W290mm、220 × W400 × D400mm、H520 × W1300 × D130mm

ファッションとして身につけることが好きだったタータンチェックを取り上げ、平面と立体の作品制作によって格子の探求を行った。
平面では油彩を用いたタータンチェックの模写を行い、それらを立体に起こすことで、タータンチェックを平面から立体へと多元的な展開により捉えることを行った。
ただ見ているだけでは分からない、描くことによって見えてくるタータンチェックを、平面から立体まで派生させた表現のなかで探っていった。

伊藤那菜

平面と立体の制作を通した原形としての格子の探究は、作者がなぜ格子という「模様」に惹かれるのか、その理由を作者自身で探していく造形的体験ともなった。その形象や色彩の構成にどう惹かれるのか、その答えを探る作業を、作者は大いに楽しみながら実践した。とりわけ平面から立体へと次元を変換させるには、実在しないものを存在させるための直感力と構築力が必要不可欠である。趣味や嗜好を芸術的作品へと昇華させてゆくプロセスが、ここでは高度なレヴェルで提示されている。

芸術文化学科教授 是枝開

江間祥子Ema Shoko

作品写真:文字を生み出すということ
作品写真:文字を生み出すということ
作品写真:文字を生み出すということ
作品写真:文字を生み出すということ

文字を生み出すということWhy the typefaces were created

本|紙Book|PaperH240 × W195mm

立体文字|アクリル3D typeface|AcrylicH100 × W100 ×150点

私たちがいつも目にしている文字は、書体デザイナーの手によって生み出されています。そして、現代はデジタル技術の発展により、職業や年齢に関係なく、誰でもディスプレイ上で書体を選ぶことができるようになりました。しかし、デフォルトの書体を使っている人の中には、文字を扱う機会に応じて適切な書体を選ぶという意識を持ったことがない人も多くいます。そこで、書体を使う側と作る側の両方へアプローチを試み、書体ごとの特長や制作背景を知ることで、書体を選ぶ大切さや楽しさを実感できるような、使う側に向けたツールを制作しました。

江間祥子

本研究を評価した点は、第一線で活躍している3名の書体デザイナーへの膨大かつ丁寧な取材と、彼らがデザインした書体の分析をまとめた資料性の高さにある。研究対象を仮名書体に絞ったことも好材料となり、詳細に記された言葉からは、書体デザイナーが継承してきた文字文化と現代のメディア環境に合わせたデザインへのこだわりが伝わってくる。
こうしたプロとのいわば協働作業を行なった江間の存在は、彼らからも認められ、そこで得られた情報を昇華した書籍と立体文字は、使い手と作り手をつなげる装置となった。そうしたつなぎ手としての側面も合わせて評価した。

芸術文化学科教授 西中賢

樫田芽以Kashida Mei

作品写真:断片交響学 ̶ひき剥がされたものたちの魔力
作品写真:断片交響学 ̶ひき剥がされたものたちの魔力

概要

 「断片とは何か。」それは、かつて完成された一つの「全体」に属し、その一部として機能していたにも拘わらず、ある時なんらかの外的な力、自然や時間、あるいは意図的な暴力によって、バラバラにされ、引き剥がされてしまって、その後に残った一片である。だから、断片は、断片であるという事実によって、それ以外のもの、つまりかつてあった全体を暗示する宿命を負っている。
自分の髪の毛一本が抜け落ちたその瞬間から、生々しさを帯びて見えるのは何故か。ガラスの破片は痛ましいほどに鋭利であるが、では、その鮮烈さは何処からくるのか。「失ったものを取り戻そうとする力」、つまり復帰力、元に戻ろうとする、悲しいほどの活気にみちた反発的弾力、これこそが断片に秘められた魅力なのである。
そして、実は人もまた、断片でできている。誰しも、常になんらかの影響を受けながら、欠片欠片のつぎはぎで自分をつくっていく。また、「今」という完全なる現在は、過去の記憶になるにつれ、細部を失っていく。生きていく中で、人はどれだけ多くの断片を失くしているだろう。失われた断片を求めて、私たちもまた、無意識のうちに呼び声をあげているのではないだろうか。
断片と断片は、互いに引き寄せあい、出会う。するとその瞬間、違和感や摩擦から一瞬の恍惚、衝突が生まれる。火花が散る。ぴったりと合わさることはない、二つのピース。しかし、その衝突の背後では、実は「共鳴」としか言いようがない、不思議な調和が生まれている。
これは、断片と断片の、そして断片と私の「共鳴」の秘密をめぐる「断片交響学」である。

断片交響学 ̶ひき剥がされたものたちの魔力The Symphony Of Fragments −The magical power of the torn things

論文Thesis82ページ 35510字

「断片とは何か。」それは、かつて完成された一つの「全体」に属し、その一部として機能していたにも拘らず、ある時何らかの外的な力によって引き剥がされてしまった一片である。だから、断片は宿命的にそれ以外のもの、つまりかつてあった全体を暗示する。
断片と断片は、互いに引き寄せあい、出会う。そこでは一体何が起きているのか。これは、断片と断片の、そして断片と私の「共鳴」の秘密をめぐる「断片交響学」である。

樫田芽以

失われたもの、忘れ去られたものの「叫び」に対する、渇望と憧憬。「断片」という、世界編集と把握の方法論を生まんとする、果敢なエクリチュール(書くこと)が、かかる「自己投企」的傑作を生んだ。
現代社会に対する疑義、批判、あるいは絶望。社会を、芸術によって変革し、クリエイティヴな、真の新たな幸福が得られるように。祈りに似た思いで編まれた、異色の衝撃論である。

芸術文化学科教授 新見隆

菊地桜子Kikuchi Sakurako

作品写真:日めくりカレンダーの制作 ~介護者と被介護者のコミュニケーション促進を目指して~
作品写真:日めくりカレンダーの制作 ~介護者と被介護者のコミュニケーション促進を目指して~

日めくりカレンダーの制作 ~介護者と被介護者のコミュニケーション促進を目指して~Produce a daily calendar ~Promoting communication between caregivers and carers~

本|紙、糸Book|Paper, threadH148 × W210mm ×13点

高齢化社会が進む現代日本。国内65歳以上の高齢者7人に1人が認知症患者と言われています。徐々に進行していく症状への恐怖・不安・混乱は認知症患者本人だけではなく、ケアをする家族や周りの人々にも襲いかかります。そんな中で以前のようなコミュニケーションを取ろうとする意欲すら削ぎとってしまう、そんな家族介護者の問題に着目しました。
このカレンダーは被介護者本人とその家族に向けた、コミュニケーションのきっかけを生み出すためのものです。この日めくりカレンダーでは毎日めくったら捨ててしまう従来のものとは異なり、2年間通年で使用することによって2年目にはより一層の懐かしさや楽しさを持って使用することができます。
何気ない毎日が日々過ぎ去っていく中で、その毎日のかけがえのなさを記録していくカレンダーです。

菊地桜子

作者は同じ家で暮らす祖父母3人が認知症を発症し、子どもの頃からそれを見つめ、さまざまな体験をして来た。介護者と被介護者の間の葛藤を和らげるために、ケア療法を参考に2年使用で日記のように記入できる日めくりカレンダーをデザインした。毎日の会話の話題作りを意図して365日の記念日が楽しく視覚化された。1年前の記述を翌年に再読し、記録と記憶の間で起きる誤差を治療や精神のケアに役立てる、優しく現実的な思いのこもったデザインが生まれた。

芸術文化学科教授 楫義明

竹本あやTakemoto Aya

作品写真:みちくさ画廊プロジェクト −移動する画廊を通して人とアートの距離を測る
作品写真:みちくさ画廊プロジェクト −移動する画廊を通して人とアートの距離を測る
作品写真:みちくさ画廊プロジェクト −移動する画廊を通して人とアートの距離を測る
作品写真:みちくさ画廊プロジェクト −移動する画廊を通して人とアートの距離を測る
作品写真:みちくさ画廊プロジェクト −移動する画廊を通して人とアートの距離を測る

みちくさ画廊プロジェクト −移動する画廊を通して人とアートの距離を測るMICHIKUSA Gallery Project -Measure the distance between PEOPLE and ART through the moving gallery

プランニング|本、映像|紙、ディスプレイPlanning|Book, video|Paper, display monitor|9minH210 × W170mm、H210 × W297mm、9分00秒

みちくさ画廊プロジェクトとは、「どうしたらアートと親しくない人と、アートの距離を縮めることができるか」という疑問を考察することを目的に、「移動する画廊」を企画実地したものです。

企画を通して、リアルな「人とアートに出会ったときの様子」を知ることで、これからの日本に、日本人にとってアートとはどういった存在になるのかを考察しました。

本展示はその結論に到るまでのプロジェクトの軌跡です。

竹本あや

他者から生まれ出た作品を、さまざまな年齢、バックグラウンドを持つ人たちのもとに運び、等身大の出会いの場を生み出した、場に縛られない、これからの時代に求められる研究となった。ただ企画を立てて終わりではなく、相手や場所に合わせてリアルなマネジメントを行い、ブラッシュアップをして次の企画に向かうプロセスを、果敢に丁寧に繰り返し、鑑賞者、制作者、場の提供者、そしてつなぎ手である自分自身にも、アートをメディアとした学びの刺激を提供した。

芸術文化学科教授 杉浦幸子

内藤花歩Naito Kaho

作品写真:ジャン=フレデリック・バジール(Jean=Frédéric Bazille ,1841–1870)−光の研究−
作品写真:ジャン=フレデリック・バジール(Jean=Frédéric Bazille ,1841–1870)−光の研究−

概要

十九世紀にフランスで活動した画家、ジャン=フレデリック・バジール(Jean=Frédéric Bazille, 1841–1870)が描いた光の表現とはなんだったのかを、この論文では取り上げる。彼はモネやルノワールの友人であり、そして支援者であった。「第一回印象派展」の企画立 案をした人物であることから、今日の日本では、黎明期印象派の立役者として知られている。加えてバジールは若くして戦死した為、「未熟な画家」であると評価されている。なぜバジールの認知や評価が低いのか。
実際に筆者がバジールの絵画を何度か観ると、確かに「堅さ」や「違和感」を感じた。しかし彼の作品の変遷を追っていくうち、その「堅さ」や「違和感」は「未熟さ」からくるものではないと考えるようになった。バジールの作品から感じる「違和感」とは、近代化へ進んでゆく十九世紀前半のフランスに混在していた、古い価値観と新しい価値観の「ズレ」の中で生きる、市井の人々の「違和感」を表現したのではないかと、筆者は考える。
そこでさらに、バジールがその後半生で描いた、残りの絵画作品を重点的にみていく。その結果から、バジールは、多くの芸術家と交流し、影響を受けながらも、独自の表現を探究し、描いていたことが考察された。彼独自の光の表現方法を戦争に行くその間際まで、模索し、描き続けていたのではないかと考えられるのである。バジールが辿り着いた、独自の光の表現方法とは、彼が生きた時代に混在した、「古き」と「新しき」二つの異なる光の表現を、印象派の「陽の光」を軸に融合させて描くことだったのではないか。そしてその三つの光の表現を融合させるために、バジールは光に満ちた「大気」の表現に行き当たったのだと筆者は考える。
以上のようなことから、バジールという画家は戦争に行くその最後まで、彼独自の光の表現を探究していたということを、この論文では論証していく。バジールは決して「未熟な」画家で終わったわけではなかったのではないか。筆者はその可能性を主張する。

ジャン=フレデリック・バジール(Jean=Frédéric Bazille ,1841–1870)−光の研究−Jean = Frédéric Bazille, 1841-1870 : Research of the Light of Painting.

論文Thesis94ページ 39475字

19世紀フランスで活動した黎明期印象派の画家、ジャン=フレデリック・バジールが描いた光の研究をテーマに論文を書きました。彼は戦争で28歳という若さで亡くなってしまったため、日本ではあまり認知されておらず、「未熟な画家」として知られてきました。そこで私は、実際にバジールの作品を鑑賞し、本場フランスの最新のバジール研究を読み込んでいきました。バジールは、彼の生まれ育った環境や、親しみやすい人柄から、モネやルノワールだけでなく、マネやドガ、ファンタン・ラトゥールに至るまで、様々な芸術家と交流し、影響を受けていたようです。
調査の結果バジールは、戦争に行くその間際まで、彼独自の光の研究を行っていたのではないかと、その可能性を考察し、バジールは「未熟な画家」ではなかったのではないかと、今回、論証してゆきました。そしてこの結果から、バジールという画家を通して、新たな側面から「印象派」の魅力を伝えられるのではないかと、私は考えます。

内藤花歩

「印象派」の作家たちの中でも、日本ではほとんど知られていないフレデリック・バジール。高校時代から続けてきた印象派研究から立ち上がった、バジールの「光」の表現というテーマに真摯に向き合い、現地で作品を見、仏語文献を読み解くという、美術史研究の基本を愚直なまでに貫き、早逝したバジールの短い画業の重要性を可視化した労作である。ここから見えてきた、バジールとセザンヌの関係にさらに踏み込み、新たな視点から近代美術史の世界を広げてほしいと願う。

芸術文化学科教授 杉浦幸子

中田晴香Nakada Haruka

作品写真:鏡の向こう側 −世界と非世界の狭間で
作品写真:鏡の向こう側 −世界と非世界の狭間で

概要

鏡は世界と非世界の媒介者である。
不安定な両者をつなぎ、かつ、遮るものだ。

毎日鏡を見ていても、本当にそれ自体を見ることができているのだろうか。本論文では、普段見ている鏡の効果ではなく、鏡自体に焦点を当てた。鏡の中に引き込まれるような感覚の原因を探ることを通して、鏡の魅力に迫ろうとする試みである。

鏡像段階に代表されるように、自己同一性と鏡には強い結び付きがある。鏡そのものを見るということは、この結び付きを不安定にすることだ。だから、鏡は私の自己同一性を揺らす。
本論文は、この考えを出発点とし、草間彌生、アンディ・ウォーホル、マルセル・デュシャンを通して、鏡について考える構成となっている。それぞれが示すのは、増殖による自他の混乱、反復が生成する表裏を行き来する時間、そして、二世界の境界面としての超次元性。これらすべてが、鏡の尽きることのない魅力につながる。

鏡はその超次元性ゆえに、私が生きるこの世界と、鏡に切り取られた世界との間に、絶対的な距離を作っている。その距離が〈見ないことの不可能性〉となって、私を鏡に夢中にさせるものだ。

鏡の向こうの世界を感じたとき、人は鏡の魅力に取り憑かれ、そこから目を離せなくなる。本論文が読者にとって、「鏡の向こう側」に思いを馳せるきっかけとなれば、幸いである。

鏡の向こう側 −世界と非世界の狭間でThe other side of the mirror -At the boundary between here and there

論文Thesis92ページ 39744字

鏡は世界と非世界の媒介者である。
不安定な両者をつなぎ、かつ、遮るものだ。

本論文は、普段見ている鏡の効果ではなく、鏡自体に焦点を当て、その魅力に迫ろうとする試みである。鏡そのものを見るということによって、私の自己同一性が揺らされる、ということを出発点とし、草間彌生、アンディ・ウォーホル、マルセル・デュシャンを通して、鏡の増殖や反復、二元性などに触れていく。

本論文が読者にとって、「鏡の向こう側」に思いを馳せるきっかけとなれば、幸いである。

中田晴香

「鏡」の魅惑に、とり憑かれた表現者は、多い。そこには、二十世紀前衛の、反-芸術の系譜や、社会と芸術の狭間で葛藤した戦士たちが、かいま見られる。デュシャン、ブランショ、ウォーホル、そして不世出の美術批評家、亡き宮川淳が。論者は、あの宮川の再来を思わせる、透徹した、澄んだ目と文体で、現代社会へ、静かで、しかも激越なメッセージを送る。「自己同一性のゆらぎ」、あるいは、表現の主体の消滅の、その危険と魅惑を。

芸術文化学科教授 新見隆