井出彩乃Ide Ayano

作品写真:Live on −場所性と共に生き続ける建築−
作品写真:Live on −場所性と共に生き続ける建築−
作品写真:Live on −場所性と共に生き続ける建築−
作品写真:Live on −場所性と共に生き続ける建築−

Live on −場所性と共に生き続ける建築−keep living with place characteristics

スノーマット、アルミ板、チップボード、スチレンペーパー、紙、ほかSnow mat, aluminum plate, chipboard, styrene paper, paper, otherH490 × W910 × D1175mm、H560 × W1810 × D1260mm

建築要素的アプローチによって「ここでしか成り立たない場所性」を守り、可能性を切り開いていく 「場所性と共に生き続ける建築」の提案。
次々と再開発が行われる新宿の中で、戦後闇市からの低層木造が密集した姿を残す通称「新宿ゴールデン街」を敷地とし、この場所の建築物において特徴的な要素を抽出する。高さ15m程に伸ばした階段は消火設備として配置され、屋根裏の空間は貸しギャラリー、梯子段は採光・通風のための開口として再定義される。今ある問題から「場所」を守り、結果として「場所」に対する新たな視点・発見的風景が現れる。

井出彩乃

場所は新宿ゴールデン街、階段とギャラリーの提案。路地にひしめくマッチ箱状木造建物の隙間に配された7基の階段は、火災時消防車と接続し上から散水する設備。その壁柱は防火や既存建物補強に役立ち、光を反射し路地や室内に届ける。煙突効果で通風を促すガラスの縦動線は屋根裏のギャラリーへ繋がり、階段とともに新しい風景の要素となる。リセットではなく、すでにある場所性を守りつつ街を更新する提案として、本作を高く評価したい。

建築学科教授 高橋晶子

齋藤元希Saito Genki

作品写真:孤島にて漂う~心の再興~
作品写真:孤島にて漂う~心の再興~
作品写真:孤島にて漂う~心の再興~
作品写真:孤島にて漂う~心の再興~
作品写真:孤島にて漂う~心の再興~

孤島にて漂う~心の再興~Memorial Park

紙、MDF、スタイロフォーム、アクリル、ほかPaper, MDF, styrofoam, acrylic board, otherH790 × W2400 × D1000mm、H1280 × W900 × D450mm、H1250 × W600 × D600mm

復興は不安要素を排除することで完了しようとしている。海岸線には堤防がそびえ立ち、高台に移住することで、人々は安全と引き換えに海を捨てた。悲劇に蓋をすることが復興だと錯覚しながら生きていくしかない人々は、震災に拘束されていると言える。ハード面の復興が進む一方で、ソフト面の復興は逆行しているのではないだろうか。幻想を捨て、現実に目を向ける時間が必要だ。この建築は人々を拘束から解放し、現実世界を生きる手助けとなる。

齋藤元希

「孤島にて漂う~心の復興~」は、東日本大震災による犠牲者を弔う場の提案である。震源地から最短距離の石巻市金華山を敷地とし、そこに日常と非日常による空間体験をさせることで、現実と対峙させている。海、空への風景を多様に切り取るようにシーンの繋がりや見え方を丁寧にスタディし、動線に伴う空間の連鎖をひとつの建築として見事に統合した力作である。図面・CGと模型によるプレゼンテーションは質、量とも圧巻である。

建築学科教授 布施茂

鈴木真知子Suzuki Machiko

作品写真:茶室 -繭-
作品写真:茶室 -繭-
作品写真:茶室 -繭-
作品写真:茶室 -繭-

茶室 -繭-Tea Room -Cocoon-

インスタレーション|アクリル毛糸、スチレンボード、木材、ペンキInstallation art|Acrylic woolen yarn, styrene board, wood, paintH2600 × W5100 × D4600mm

茶室とは非日常を体感するための大きな茶道具である。
私はゼミ室という日常空間に、茶室という非日常空間を出現させた。
もともとこの部屋には他の部屋にはない天窓がある。私はこの天窓からの光を活かすために糸を張り巡らせ、光の存在感を強く感じる空間をつくりあげた。天窓から吊った白い筒によって、畳に降り注ぐ光と茶室の天井高の操作を行っている。
この茶室を私が学生から社会人になるための最後の居場所として『繭』と名付け、お世話になった方々をもてなす茶会を開いた。

鈴木真知子

茶道をたしなむ作者が大学4年間の集大成として制作した茶室。新しい世界に飛び出す直前のサナギがまとう繭をモチーフに、無数の白い毛糸によって茶室とアプローチの路地を作り出した。天窓から筒状に下がった白い垂壁(コルビュジェの言う「光の大砲」)から茶席に自然光が注がれ、白い毛糸がその光を反射拡散させて、ゆらぎあるやわらかな場を形成する。路地から見ると茶室全体が光を孕んだ繭として感じられ、座すとその光に包まれる。

建築学科教授 高橋晶子

渡邉和Watanabe Yamato

作品写真:雪のある駅
作品写真:雪のある駅
作品写真:雪のある駅
作品写真:雪のある駅
作品写真:雪のある駅

雪のある駅Station with the snow

紙、ほかPaper, otherH600 × W2700 × D1500mm

冬季のみ利用されるテンポラリーな駅に、パーマネントの、公民館、図書館、温泉施設等を加えたコンプレックスの提案である。

計画地である新潟県湯沢町は、厳しい冬を迎える。まちの雰囲気、生活、建築を圧倒的な抽象で書き換える雪に対して建築は、「変わらない日常」を担保する事に従事していた。

大きな吹き溜まりを作った。この建築は冬、そこに抱えた膨大な雪によって暗喩的に決定づけられる。春になり、溶け出した雪は建築に流れ込む。雪が担保していた駅機能は消失し、機能を失った、空間だけがそこに残る。

これは様相の建築である。

渡邉和

「雪のある駅」は、上越新幹線の越後湯沢駅で分岐するスキーシーズンのみの臨時駅に、コミュニティーセンターを併設した複合施設の提案である。冬だけの駅に、あえて通年機能する施設を併設することで、3m以上の雪によって変容する建築は、冬に向けて徐々に姿を消し、春に近づくとともに建物は現れて駅機能が消失することを認識する。卒業制作のテーマから研究、計画、設計、プレゼンテーションへと丁寧にまとめられた作品である。

建築学科教授 布施茂