稲垣慎Inagaki Shin

作品写真:鸚哥-2
作品写真:鸚哥-2
作品写真:鸚哥-2
作品写真:鸚哥-2

鸚哥-2Inko-2

CamphorH2590 × W1890 × D1100mm

粘土の塊に手を突っ込み、目では見えない中で空洞を作りその空洞自体を形に置き換える。発端であったインコはこの過程で主観や時には操作出来ない偶然性によって動物的な形の秩序を崩壊させ歪んでゆくのだが、その行為の産物を元にしての木彫はその歪みの正体を解りたいが為、また崩壊した秩序にすり替わって現れた、窺い知れない何かの存在を感じ取ったが為に行ったものである。

稲垣慎

野村萬斎のモーションキャプチャー。狂言の、両足を常に地面に接地させ、上半身はほとんど動かすことなく、摺り足でゆっくりと前進する。この所作は、奇妙でもあり、恐ろしくもあり、あるいは神々しくもあるという。一見して、樟の丸太に鸚哥を忠実に再現したものでないことは明らかだ。稲垣はマケット制作の際に、偶然性をも取り込みながら、かたちにディストーションを加える。それを参考に拡大し、精製し、成形し、樟の丸太に彫り込んでいく。像そのものの形状に、羽根や羽毛がまとわりつき、隆起し、渦巻き、多くの流れをつくりだす。この質量と表面積は空間に心地よいバイブレーションを放ち、我々をのみ込んでいく。最終的に彫りだされた鱗のある強い立脚は、片足を上げているようではあるが、よく見ると両足で地面をとらえているのだ。彫刻とは、一体、何ものなのだろうか? モンスターかクリーチャーか、あるいは神なのか…なるほど、荒ぶる神、それなら合点がいく。歴史上幾度となく現れ、人びとを戒め、同時に復活する機会もあたえた…稲垣はその事実を知っていたのだろうか? 彫刻と密接な関係があるということを。

彫刻学科教授 三沢厚彦

小林絵里佳Kobayashi Erika

作品写真:Formation Ⅱ ―Impact―
作品写真:Formation Ⅱ ―Impact―
作品写真:Formation Ⅱ ―Impact―
作品写真:Formation Ⅱ ―Impact―

Formation Ⅱ ―Impact―

アルミニウムAluminiumH1500 × W2150 × D2000mm

2つが1つになる。
その「影響」はどの様にして起きたのか。
受け入れたのか、無理矢理なのか、常にこの物語は多様に変化するだろう。
人の内外的な動きを抽象的構造体にする事で起こる思考の多様性を見てみたい。

小林絵里佳

アルミニウムのパイプを格子状に構成して、直方体とそれを斜めに貫通する円筒が作られている。シンプルな造形的秩序を持つこの二つのユニットの交差が輪郭の歪みと伸びを仕組み、そこに人々の視線を引きよせる。作品のスケールは、作者の身体によって力強く定義されているのだろう。表面の光沢と材料の断面が示す軽い質感が、堅牢なフォルムと真摯に結合して、美しい諧調を生みだしている。作者はアルミニウムに3年生の時から向き合い、卒業制作において新たな地平を切り開いてみせた。

彫刻学科教授 黒川弘毅

小見拓Komi Taku

作品写真:6面態

6面態Form of Hexahedron

木材、塗装Wood, paintH1200 × W1800 × D900mm

作品写真:人態

人態Form of Human

黒御影石GraniteH1040 × W1350 × D700mm

量塊を持った(美しい)ものがある。その形態と構造を探求しようとする時、私たちは外部のみでなく内部へと目を向けなければならないと考えている。

小見拓

石切り場(採石場)で割り出された石は、概ね直方体になる。石の彫刻も直方体から彫り出されてきた。ミケランジェロはこの直方体を浴槽に例えたが、直方体の浴槽の中で形はどのようにうごめき、ねじれ、歪むのか。直方体の二分割から生まれたとも思える二つの立方体を、辺の1/2をズラシながら連結し断層を形成させている。そのような幾何学的変容作品と併置するように石の作品が置かれている。幾何学的作品をテキスト又は楽譜としてバロック的に変奏させ、有機的形態が生み出されたようにも見える。それは、直方体という概念に揺らぎを与え、浴槽の中でうごめく波の身体に彫刻という皮膚を与えている。

彫刻学科教授 戸谷成雄

田中義樹Tanaka Yoshiki

作品写真:修羅は破の段階に至った。
作品写真:修羅は破の段階に至った。
作品写真:修羅は破の段階に至った。
作品写真:修羅は破の段階に至った。

修羅は破の段階に至った。The next stage for “Shura”.

インスタレーション|パフォーマー、木材、ほかInstallation art|Performers, wood, otherH3000 × W10000 × D10000mm

六三四の剣、道場、実家、竹刀を振るチンパンジー、彫刻家になることを諦めた男の起業セミナー、中央線は自殺の名所、汚いキャバレーのような場所、singing man、宇宙に行きたい人たち、脱出。
「初めて月に行ったアポロ13号に搭載されたコンピューターと任天堂から発売されたファミリーコンピューターはだいたい同じ性能なんだってさ」
「じゃあ僕たちでも宇宙に行けそうな気がするね」

ウィー ディドゥント スタート ザ ファイヤー
イット ワズ オールウェイズ バーニング
シンス ザ ワールズ ビーン ターニング
ウィー ディドゥント スタート ザ ファイヤー
ノー ウィー ディドゥント ライト イット
バット ウィー トライド トゥー ファイト イット

田中義樹

いったい何のために展覧会に行くのか。興味のある美術作品を見るためか。他では得難い何かを感じるために行くのか。なぜ皆で見なければならないのか。展覧会とはどんな「場」なのかを考えさせられるのが田中のこのインスタレーションだ。この作品は漫画「六三四の剣」の主人公の成長を追って空間的に展開されている体裁をとっているが、そんなことはどうでも良いところに引き込まれて行くだろう。ここにはこの漫画に由来するものが詰まっているが、見る側は自分自身に引き寄せて見てしまう。それを可能にしているのが作品の細部。乱雑にも見えるが無駄なものが意外に存在しないのだ。そのうちに彼の作品を見ている観客も作品の中に見事に取り込まれて作品の一部と化しているのに気づくだろう。観客の存在を前提とする劇場型の展示に異議を唱えるモダニストを横目に「客引き」までして観客を連れ込んでしまうのが田中流だ。お客さんはとても良い役割を演じていた。おそらく私も。

彫刻学科教授 伊藤誠

平瀬未来Hirase Miki

作品写真:パラレル・レコード
作品写真:パラレル・レコード
作品写真:パラレル・レコード
作品写真:パラレル・レコード

パラレル・レコードParallel record

インスタレーション|プリンター、ロール紙Installation art|Printer, rolled paperH2270 × W5430 × D1000mm

1対のプリンターにtwitter から採取したそれぞれ異なるタイムラインをプリントアウトさせ、一枚の紙を介して1つに集約させています。
生物学の概念で環世界という、生き物はそれぞれ種特有の知覚世界をもち、その主体として行動しているという考え方があります。それは個人にも当てはまることであり、私たちはそれぞれの属する集団や生活などの違いで認識している世界は異なっています。
自分たちの認識している環世界とその外側の世界との表裏一体性をコンセプトとした作品です。

平瀬未来

SNSで意味をなさない語彙を打ち込み、無限に応答される「言葉」の応酬から生まれる形。それは日常的にスマートフォンに触れている人は誰でも思いつくことかもしれない。誰でも知っていることを見つけること。作者は今我々を取り巻く現実とは何かから出発したのだろう。しかしこの作品はSNS 的な環境を単純に作品化したのでも、それを通した作者のメッセージでもない。そこから何かを考えるための「場」を作り出したことがこの作品の重要なところだろう。空間に対して働きかける作品を作り続けてきた作者の別の側面が新たな方向性を生み出すきっかけになっているのだろうか、さらに無駄に高い場所から無駄に長い距離を2つのプリンターからメビウスの帯状に出力することで空間を作り出し、言葉が出力されてくることから始まることを共有する状況をかたちにした。「奇跡は誰にでも1度おきる だがおきたことには誰も気がつかない」という楳図かずお「わたしは真悟」のフレーズが、この作品を前に頭をよぎる。

彫刻学科教授 伊藤誠