学校法人武蔵野美術大学一般事業主行動計画(第2期)

平成23年8月、本学で働く職員が仕事と子育てを両立させることができ、働きやすい職場環境をつくることによって、その能力を十分に発揮できるようにするため、第1期行動計画を策定し、目標の実現に取り組んできた。しかしながら、目標の全てを達成できていない現状を踏まえ、以下のとおり第2期行動計画を策定する。

1. 計画期間

平成27年4月1日から平成31年3月31日まで(4年間)

2. 計画内容

目標1:育児休業・介護休業制度の利用促進
対策
  • 妊娠、出産・育児及び介護に係る各種制度について職員の理解を深めるよう、制度を周知し、利用促進を図る。
目標2:時間外労働の削減
対策
  • 残業に対する意識改善のための啓発等の取組みを行うことにより、時間外労働の短縮を図る。
  • 時差出勤制度の導入を検討し、実施を目指す。
  • 就業管理システムを活用し、定期的に時間外労働の検証を実施し、特に時間外労働が多い職員については、注意喚起を行う。
目標3:年次有給休暇の取得推進
対策
  • 年次有給休暇の計画的利用を促進し、取得しやすい職場環境作りを図る。
  • 年次有給休暇の計画的付与制度の導入を検討し、実施を目指す。

以上