本学は、障害を理由とする差別の解消を目的に、障害のある学生(保証人含む)からの要望により、個々の学生の状態・特性等に応じて、適切な支援を提供する取り組みを行っています。

障害者学修支援の基本方針

障害のある学生への支援内容(通学課程)

共通の支援内容

  • 窓口における支援
    ・文章による説明、筆談、書類代筆
  • 授業及び講座、研修における支援
    ・最前列確保、授業開始時間の遅れ配慮(移動時間)、休講情報のメール配信
  • 担当教員・講演者への支援事項の伝達、協力要請
    ・支援による部外者の同席、補聴システムの使用

聴力障害

  • 授業における支援
    ・ノートテイク配置
    ・休講情報のメール配信

肢体不自由

  • 授業、講演、研修教室の支援
    ・車椅子移動可能教室への変更
    ・移動への補助支援

*上記以外の支援を希望する場合は別途相談

精神障害・発達障害・その他障害、入学試験関連の支援

  • 別途相談

障害学生サポート体制

サポートに関わるチーム間の機能や連携を紹介しています。以下のpdfをご覧ください。

障害を理由とした支援を希望する学生の方へ

支援を希望する学生は学生生活チームへ申請をしてください。支援までの手順や提出書類など、詳細は以下のページをご覧ください。