川口瑠菜Kawaguchi Runa

作品写真:家
作品写真:家
作品写真:家

house

雲肌麻紙、岩絵具、水干、墨、パステル、木炭Kumohada mashi hemp paper, mineral pigments, dyed mud pigments, ink, pastel, charcoalH1800 × W4500mm

片付けをするのが苦痛なので、きれいな家はどんなに暮らしやすいだろうと思うことがあります。

川口瑠菜

この作品は題名に「家」とあるように、作者の自宅の居間の一部がトリミングされた光景である。素早く即興的なドローイングのうねる線の表現と、身近な人物の日常を丹念な観察による生きた描写。さらに、廻りの生活感のあるモノクローム調の厚く密な部分から透明感のある色彩で薄く塗り重ね、その奥にある、何も描かず手つかずの解放された光の清澄な空間へと導く構成力。絵を通して伝わってくるのは作者の人間性だとよく言われるが、ここには作者の等身大の絵づくりを抑えた素直な日常の視線が画面に満ちている。

日本画学科教授 西田俊英

長谷部満莉愛Hasebe Maria

作品写真:no name land
作品写真:no name land
作品写真:no name land
作品写真:no name land

no name land

インスタレーション|アクリル絵具、岩絵具、和紙Installation art | Acrylic paint, pigments , Japanese paper

人の心も考えも心情も、大事なものは見えないものばかりで、私達は日々見えないものに触れて生きている。だからなのか、人のことを分からないまま判断したり、理解することを諦めてしまったりする。そういう小さな問題が拡張し、大きな摩擦や不寛容を生み出している。だからこそ、そういった人の見えない内面性に対して私達はどのように触れ、理解し、愛することができるのか。
この作品は鳥を人の比喩として用いて人の一生とそれを取り囲む環境や状況を白で描いた。この作品を観ることを通して人の内面性に接することについて考えを巡らせていただけたら嬉しい

長谷部満莉愛

長谷部は白い空間の中に数多くの白い和紙を張ったパネルを展示構成することで作品を制作した。パネルは一見して何も表現されていないかのように展示されているが近寄ってみると鳥をめぐる物語が表現されている。インスタレーションとしては課題があるように感じたが、観客が作品に近寄り視線を動かすことで見えなかった物語性が読み取れるようになっており、一見してわからなかった内面性に観客を誘うよう作られているところに今日的な意味を感じる。社会の中の個人の存在の意味や表現の強度とは何か?という疑問を観客に感じさせてくれる。

日本画学科教授 尾長良範

若林沙奈映Wakabayashi Sanae

作品写真:ぎゅっと/さんまん
作品写真:ぎゅっと/さんまん

ぎゅっとfirm

雲肌麻紙、岩絵具、水干絵具、色鉛筆Kumohada mashi hemp paper, ineral pigments, dyed mud pigments, colored pencilsH1303 × W970mm

さんまんvague

雲肌麻紙、岩絵具、水干絵具、色鉛筆Kumohada mashi hemp paper, ineral pigments, dyed mud pigments, colored pencilsH1303 × W970mm

「ぎゅっと」、「さんまん」は対の作品だ。
モデルは私の父と母。二人の部屋やそこにある物達を切り取り、彼らの生活感も込みで私の中にある父、母の存在感を画面に込めようと思い制作した。

若林沙奈映

この若林沙奈映の描く2点で対の父母の肖像画は、単に描かれる者の生気、ましてや魂を捉え様としたものではない。魚眼レンズで覗き込んだかの様な、ピンクや黄緑という派手な色調で描かれる生活感生々しい家財に囲まれた父母。父は青い顔をし煙草をふかしながら何処かを見、母は頬杖をつきながら此方に視線を向ける。まるで生気なく張子の様にそこへ魂は全く感じられない。
描く彼女と描かれた父と母。この三者の集合体を通して見える「家族」というテーマ。家族其々の人生は絶えず変化をしていて、いつも新しい展開に適応してゆかねばならない。その変わりゆく家族の間の中で、冷静でありながら込める彼女の父母への愛慕の感覚。この対の作品が、現代社会が抱える「家族」の“絆”という宿命的な問題、その核心的なアイコンとなっていることに我々は気が付かされるのではないだろうか。

日本画学科准教授 岩田壮平