d-lounge_web_logo

2012年4月より、美術大学として初めて、東京ミッドタウン・デザインハブ(東京都港区/構成機関:公益財団法人日本デザイン振興会 [JDP]、社団法人日本グラフィックデザイナー協会 [JAGDA])内に、デザインを基軸とした情報発信拠点『武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ』を開設しました。 今後は、企業・社会・大学とが更なるつながりを持つための人的交流の場を目指します。

所在地
〒107-6205
東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F
開室時間
平日11:00-18:00(土日祝・年末年始閉室)
東京ミッドタウンへのアクセス
  • 都営大江戸線「六本木駅」8番出口より直結
  • 東京メトロ日比谷線「六本木駅」4a出口側から地下通路を経由し、8番出口より直結
  • 東京メトロ千代田線「乃木坂駅」3番出口より徒歩約3分
  • 東京メトロ南北線「六本木一丁目駅」1番出口より徒歩約10分

プラザ入口・地下鉄でお越しの場合
ミッドタウン・タワー入口左手奥のHエレベーターより5Fへ お越しください。

ガレリアよりお越しの場合
3F・B1Fの連絡口よりミッドタウン・タワーへ。 エレベーターより5Fへお越しください。

武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ周辺図

お問い合わせ先

デザイン・ラウンジ
tel:03-3470-7221 fax:03-3470-7225
e-mail:d-lounge@musabi.ac.jp
http://d-lounge.jp/

プレスリリース資料

東京ミッドタウン・デザインハブについて

「東京ミッドタウン・デザインハブ」 は、2007年4月に東京ミッドタウン内に開設した、デザインのプロモーション機関・職能団体・学術研究機関が連携する新しいデザインネットワークの拠点です。国際的で活気に満ちた六本木の中心で、デザインによって 「人」、「ビジネス」、「知識」を結びつけ、情報発信する活動を続けています。これまでにのべ30回以上のデザイン展をはじめ、セミナー・ワークショップ などを積極的に開催し、デザインの社会的な発展を推進しています。

公益財団法人 日本デザイン振興会(JDP)

1969年設立。日本で唯一の総合的なデザインプロモーション機関として、日本を代表するデザイン評価・推奨の運動である「グッドデザイン賞」(Gマーク)の運営をはじめ、国内外に向けたデザイン情報の発信と、デザイン分野の人材育成やデザインを活用したビジネス支援など、各種のデザインプロモーション およびコーディネーション事業を展開しています。

社団法人 日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)

1978年設立。全国に約2,800の会員を擁する 日本で唯一のグラフィックデザイナーの全国組織です。グラフィックデザインの力を通じたコミュニケーション環境の質的向上をめざし、年鑑やデザイン教科書の発行、さまざまなテーマの展覧会やセミナーの開催、地域振興や公共デザインの取り組み、デザインの権利保護など、多岐にわたる活動を全国的に展開しています。