90周年記念募金 MAUグローアップ募金(ご寄付のお願い)

あなたの支援が、未来を彩る

「武蔵野美術大学90周年記念募金」
ご協力のお願い

 武蔵野美術大学は、1929(昭和4)年に開校した帝国美術学校を淵源とし、2019年に90周年を迎えます。創立以来、「教養を有する美術家養成」、「真に人間的自由に達するような美術教育」を教育理念とし、幅広い教養を備え、人格的にも優れた美術・デザインを中心とする造形各分野の専門家を養成してまいりました。卒業生は2018年3月までに約69,000名を数え、多様な領域、業界で活躍され、本学の価値をさらに高めていただいております。これもひとえに皆様方のご支援の賜物と心より感謝申し上げます。
 本学では、100周年となる10年後を見据えた大学改革のスタートとして、2019年4月より新学部・研究科を開設いたします。美術を総合的な人間形成をもって成るものと考える本学伝統の教育理念に基づく造形教育は、自主性、人間性、思考力、表現力を育んできました。社会や産業構造が大きく変化していく中、新学部・研究科では、これまで以上にそうした総合的な力を、美術・デザインの領域に限らず実社会のさまざまな場で発揮し、社会問題の解決や新たな価値を創出できるような柔軟な発想力や構想力を有する人材育成を行います。
 また、同じく2019年4月より、東京都新宿区に都心キャンパスを開設いたします。「市ケ谷」駅前というアクセスのよい場所にビルを取得し、新学科等の教室フロアの他、基本コンセプトに沿ったオープンスペースを設け、学生、教員と企業、自治体などが連携を持ちながら、新しい価値づくりの拠点となる場の創成をめざします。さらに鷹の台キャンパスについても、既存学科の定員変更に伴い、臨時的施設の建設にも着手しながら、より効率的に施設設備を利用し、教育効果を高められるような再配置計画を策定、実行してまいります。
 本学が100周年に向けて大学改革を着実に進め、一層の発展、充実を図るために、この度は従来の教育振興資金を拡大した形で皆様方のご協賛をいただきたく、お願いする次第でございます。なお、2018年度は既存学部・学科への支援、90周年を迎える2019年度は、新学部・新学科を含めた教育研究組織体制全般への支援をお願いいたします。
 なにとぞ、趣意をご理解いただき、力強いご支援ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

2018(平成30)年7月吉日
学校法人武蔵野美術大学 理事長  天坊 昭彦
武蔵野美術大学 学長       長澤 忠徳

MAUグローアップ募金は、
教育環境や修学サポートの充実など、
使途を指定いただける寄付制度です。

武蔵野美術大学ならではの取り組みで、
未来の社会をさらに発展させていく人材を育成するために役立てて参ります。
皆さまのご支援、ご協力をお願いいたします。

80周年募金事業による主な成果

創立80周年に際し、建築及び奨学金事業を対象として、
2006(平成18)年4月から2010(平成22)年3月まで、寄付をお願いしました。

《建築事業》

「武蔵野美術大学2004-2009建築計画」に基づき、
13号館・2号館の施工や、改築、改修、耐震補強工事を順次実施。
2010(平成22)年春には図書館新棟が竣工しました。

《奨学金事業》

「武蔵野美術大学大学院博士前期課程(修士課程)奨励奨学金」
「武蔵野美術大学海外留学研究奨励奨学金」
上記2つが2009(平成21)年度から施行されました。

創立90周年の2019年、新学部・都心キャンパスを開設。

美大の枠を超えた新しい人材育成プログラムが始動──

創立90周年となる2019年の4月、造形構想学部ならびに大学院造形構想研究科を新たに開設します。また、新学部・大学院の教育・研究の強みを最大限に活かすため、都心キャンパス(新宿区市ヶ谷)を同時に開設し、外部企業と連携したプロジェクトベースの授業など、都心の環境ならではの授業や社会連携活動を展開する予定です。これからの実社会を変革する「創造的思考力」をもつ人材を育みます。

造形構想学部・造形構想研究科
特設サイト

募集要項

  • 募集の目的

    次の①~③よりお選びいただき、寄付申込書にご記入ください。
    ※ご記入がない場合は、「①総合的な教育振興」とさせていただきます。

    1. ① 総合的な教育振興

      教育研究に係る資金の充実教育研究施設設備の充実、各種奨学金の充実など、武蔵野美術大学の教育振興を総合的に図るための資金として使用させていただきます。

    2. ② キャンパス環境整備

      キャンパスの校舎の新築・改修・環境改善等に使用させていただきます。

    3. ③ 修学サポートの充実

      給付型奨学金の拡充等に使用させていただきます。

  • 募集の対象

    本学の趣意にご賛同いただける個人・法人の皆さま

  • 募集の目標額

    3億円

  • 募集の期間

    2018(平成30)年4月 から 2020(平成32)年3月 まで
    ※在学生の保証人様からのご寄付は、入学年度の6月1日以降より承ります。

  • 募集の金額

    金額、口数とも任意でお受けいたします。

    趣旨をご理解いただき、1口5万円、できる限り4口以上ご協力いただければ幸甚です。

    ※1口未満のご寄付もありがたくお受けいたします。
    ※クレジットによる継続寄付は、月1,000円からのお申込みが可能です。

  • 寄付の申込及び払込方法

    郵便振替・銀行振込、また各種インターネットのお申し込みからもご寄付いただけます。

    郵便振替・銀行振込

    所定の払込票でお振込みのうえ、所定の寄付申込書を本学宛てにお送りください。

    寄付申込書等請求フォーム
    インターネット申し込み
    通常募金(クレジットカード)

    郵便振替・銀行振込と同様に都度ご寄付いただけます。

    NEW

    継続募金(クレジットカード)

    1,000円単位でご希望月に自動的にご寄付いただけます。

    コンビニエンス・ストア
    Pay-easy(ペイジー)

    クレジットカード、コンビニエンス・ストア(5万円未満)、Pay-easy(ペイジー)を利用した決済が可能です。
    ※インターネット(クレジット)からのお申込みでは「継続寄付」の選択をご用意しています。

    継続寄付について

    「継続寄付」では、「選択月」に1,000円単位でお申し込みでき、少額に分割して寄付したい方、毎年お手続きするのがご面倒な方にも最適です。なお、「継続寄付」をご利用の場合、受領書は1年分(1~12月入金確認分)の合計額で翌年1月以降に発行いたします。

    インターネットからのご寄付
    お申込みフォーム
    寄付金受領書等の送付

    「寄付金受領書」及び所得控除・税額控除に必要な「証明書」は入金を確認後にお送りいたします。インターネットでお申込みの場合は、お手続きの翌々月に入金となります関係で、領収書の発行がお手続きの翌々月以降となりますのでご了承ください。

  • お払込み後の本学からのご連絡について

    • 寄付申込書及び金融機関からの払込通知書の両方が到着後、「寄付金受領書」を発行いたします。「寄付金受領書」のお名前・ご住所・寄付金額等に記載間違いがないか、ご確認ください。
    • なお、インターネットからのお申込みの場合には、お振込み確認後に「寄付金受領書」を発行いたしますが、お手続きから約1~2か月要しますので、寄付金控除を予定されている場合には日付にご注意くださいますようお願い申し上げます。
    • また、対象年内(1月~12月まで)の寄付金総額が2,000円を超える場合には、文部科学省発行の「特定公益増進法人証明書の写し」及び「税額控除に係る証明書の写し」を同封いたします。

    ※「寄付金受領書」は、寄付申込書にご記入いただいたお名前で発行いたします。寄付者が払込用紙に印字されたお名前と異なる場合は、その旨付記いただくようお願いいたします。なお、寄付申込書が不着の場合は、振込通知書に印字されたお名前で発行いたします。

  • 税法上の優遇措置について

    所得税の控除について

    個人から当大学へのご寄付は、文部科学省より、寄付金控除の対象となる証明を受けており、所得税の寄付金控除の措置を受けることができます。
    控除には2種類あり、A「税額控除」 B「所得控除」のいずれか一方の制度を、確定申告の際にご選択いただきます。
    控除額は、個人の所得、税率、寄付金額などの条件によって異なりますが、所得税率に関係なく所得税額から直接控除される税額控除を適用したほうが、多くの場合において所得控除よりも減税効果が大きくなります。
    なお、確定申告に係る詳細につきましては所轄税務署にお問合せください。

    A 税額控除制度とは※2011(平成23)年度税制改正による新制度

    寄付金額が年間2,000円を超える場合には、その超えた金額の40%に相当する額が当該年度の所得税額から控除されます。

    [寄付金額-2,000円]×40%=所得税控除額

    ※控除対象となる寄付金額はその年の総所得金額等の40%が上限となります。
    ※所得税額控除はその年の所得税額の25%が上限となります。
    ※確定申告の際には、①「税額控除に係る証明書(写し)」と②本学発行の「寄付金受領書」が必要となります。

    B 所得控除制度とは

    所得控除を行った後に所得税率をかけるため、所得金額に対して寄付金額が大きい場合には減税効果が大きくなります。
    寄付金額が年間2,000円を超える場合には、その超えた金額が、当該年の所得金額から控除されます。

    寄付金額-2,000円=所得控除額

    ※控除対象となる寄付金額は、その年の総所得金額等の40%が上限となります。
    ※確定申告の際には、①「特定公益増進法人証明書(写し)」と②本学発行の「寄付金受領書」が必要となります。

    東京都在住の方へ

    東京都在住の方で寄付金総額が2,000円を超える場合は、前記の確定申告時に、東京都都税条例等に基づいた個人住民税(都民税+区市町村民税)の寄付金税額控除(総所得金額等の30%が上限)の取り扱いがあります。該当する方には、資料をお送りいたします。

  • 「学校法人武蔵野美術大学名誉賛助員」について

    個人で合計50万円以上、法人及び団体で合計100万円以上のご寄付を賜りました場合は、「学校法人武蔵野美術大学名誉賛助員」として称号記を授与し、芳名録に「名誉賛助員」として謝意を表すとともに、学校行事へのご案内等の礼遇を行うことにしております。

  • 個人情報の取り扱いについて

    個人情報は、「学校法人武蔵野美術大学個人情報保護規則」に基づき責任をもって管理いたします。

  • ご報告(2017年度実績)

    2017年4月~2018年3月末までの期間、教育振興資金に104件11,434,000円のご寄付をいただきました。いただいたご寄付は本学の教育・研究環境の充実に活用させていただきました。
    皆さまのあたたかいご支援に対し厚くお礼申し上げますと共に、今後とも皆さまからのご支援を何とぞよろしくお願い申し上げます。

NEW MAU古本募金を導入しました。

皆様の不要となった書籍等をお送りいただき、買い取り金額を学生支援のための給付型奨学金に活用させていただく取り組みです。詳細は本学webサイトまたはパンフレット・ちらし等をご参照ください。

MAU古本募金

お問い合わせ・資料のご請求

学校法人武蔵野美術大学 教育振興資金係
〒187-8505 東京都小平市小川町1-736
tel:042-342-6009 fax:042-342-6087
e-mail:bokin@musabi.ac.jp