学校法人武蔵野美術大学 女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画

学校法人武蔵野美術大学(以下「本学」という)では、女性の個性と能力が十分に発揮できる社会を実現し、職場における女性の活躍推進をより一層進めるために、以下のとおり行動計画を策定し、情報を公開する。

1. 計画期間

2021年4月1日から2026年3月31日まで(5年間)

2. 計画内容

  • 【数値目標1】女性管理職の割合を30%とする。
  • 【数値目標2】職員の残業時間の一番多い業務(人)について、1年間の残業時間を360時間(月平均30時間)以内とする。

3. 本学職員に対する取組内容

1.女性労働者が、出産・子育てに一定の時間制約を抱えやすいことを前提とした計画的育成をおこなう。
(出産・子育てを前提として、若手女性労働者に休日出勤や出張等が多い部署を経験させる等)

2.女性労働者が、出産・子育てをしながらキャリア形成するイメージ・意欲を持たせる。
(キャリアアップ研修等)

3.残業時間に個人差(業務差)があることについて、要因を分析し、必要な対策をとることで残業時間を平準化する。

4.積極的な有給休暇取得を働きかけ、仕事と生活の調和・充実(ワーク・ライフ・バランス)を実現する。

4. 公開する情報

1.採用した労働者に占める女性労働者の割合採用者(2020年度採用者)

男性 女性
教員 2 0 0.0%
助教 4 5 55.6%
助手 8 9 52.9%
教務補助員 5 15 75.0%
職員 3 1 25.0%
嘱託 2 1 33.3%
長期臨時勤務者 2 6 75.0%

2.男女の平均継続勤務年数の差異(2020年4月1日現在)

男性 女性
教員 13 13
職員 15.7 19.8
嘱託 12 11.9
長期臨時勤務者 19 13.8

以上