武蔵野美術大学学長
長澤忠徳

あの水平線の上に立てるか

これは、私が長年、自分自身に問い続けている言葉です。少しのあいだ目を閉じて、想像してみてください。今、あなたは波打ち際に立っています。遠望すれば、遥か先には真っ直ぐな水平線が広がっている。さて、あなたはあの水平線に立つことができるでしょうか?

「水平線は現実には存在しない。だから立てるわけがない」。そんな理屈で考えるのは、今日からやめましょう。頭では「ない」と知っていても「いつか自分はあの上に立てる」、そう信じて大海に漕ぎ出すことが、あなた自身を、未来を変えてゆくからです。

常識や理屈を超えて、「わからないことを、わかろうとすること」。正解のないクリエイティブを実践するために必要なのは、それに挑む強い「意志」です。意志の「意」という文字は、「心」と「音」から成っています。胸に秘めた熱い想い、つまり自分にしか聴けない「心の音」に耳を傾け、身体の外へ表出させることが「表現」であり、そのために一生懸命悩み、考え、工夫することが、クリエイティブでしか味わえない醍醐味ではないでしょうか。

武蔵野美術大学は創立90周年を迎えた2019年、造形構想学部、大学院造形構想研究科を開設し、東京・市ヶ谷に新たなキャンパスも整備しました。鷹の台の伝統ある造形教育や教養教育と、市ヶ谷という都心ならではの学びが交わり合い、今までの美術大学の解釈を超え、次世代の美術大学へとつながるための航海を、私たちはすでに始めています。

世界が文明潮流の大きな変革にある中、次の100年に向かっていく間には、追い風を受けて穏やかに航行できるときもあれば、大嵐の高波に必死で耐えるときもあるかもしれません。しかし、過去と今を起点に「こうなればいい」という未来を描くような「フォアキャスティング」の発想法だけでなく、実現すべき未来に起点を置き、そこから現在を振り返って、今どうあるべきかを構想する「バックキャスティング思考」を加えながら、「真に人間的自由に達するような美術教育」という理念のもと、新しい美術・デザイン教育の端緒を拓き、望ましき未来社会の実現へと世界をリードしていくことが、私たちの使命だと考えています。

ぜひみなさんも、私たちとともに悩み、喜びを分かち合いながら、クリエイティブの力で未来を変えていく、そんな挑戦に踏み出してほしいと思っています。

武蔵野美術大学学長 長澤忠徳

学長略歴

長澤忠徳(ながさわ・ただのり)

1953年 富山県生まれ
1978年 武蔵野美術大学造形学部基礎デザイン学科卒業
1981年 Royal College of Art, London 修士課程修了 MA(RCA)取得
1986年 有限会社長澤忠徳事務所設立、代表取締役就任
1987年 国際デザイン・シンクタンクDesign Analysis International Limited(本部ロンドン)設立に参画、ディレクター、日本代表を歴任
1993年 東北芸術工科大学デザイン工学部情報デザイン学科助教授に就任(1999年退任)
1999年 武蔵野美術大学造形学部デザイン情報学科教授に就任、現在に至る
2003年 武蔵野美術大学国際部長に就任、以降学長補佐、企画部長等を歴任
2011年 学校法人武蔵野美術大学評議員に就任、現在に至る
2015年 武蔵野美術大学学長、学校法人武蔵野美術大学理事に就任、現在に至る
2016年 Royal College of Artより美術・デザイン教育の国際化を先駆的に推進し、世界に影響を与えた功績が認められ、日本人初のシニアフェローの称号を授与

専門:デザインプロデュース、デザイン評論、デザイン教育、デザイン戦略立案