国立大学法人電気通信大学と武蔵野美術大学は、合同授業実施や研究協力推進、施設の相互利用、学生交流などを含む教育研究に関する協定を2017年に締結しました。

本協定は、領域の異なる専門性の高い大学が連携する事で、新たな展開を模索することを目的としています。両大学が2015年より、プログラミングや3D講習における連携教育等、教員及び学生間の交流を深めてきたこれまでの取組に対して、今後の発展や新たな事業の展開に資するべく、教育・研究における大学間の包括的な連携協定に至りました。