遠藤貴大Endo Takahiro

作品写真:0.3の境界 ~江ノ電の新しい車窓風景の提案~
作品写真:0.3の境界 ~江ノ電の新しい車窓風景の提案~
作品写真:0.3の境界 ~江ノ電の新しい車窓風景の提案~
作品写真:0.3の境界 ~江ノ電の新しい車窓風景の提案~
作品写真:0.3の境界 ~江ノ電の新しい車窓風景の提案~

0.3の境界 ~江ノ電の新しい車窓風景の提案~Border of 0.3, New window landscape of Enoden

模型|スチレンボード、黄ボール、ラッカースプレー、他Model|Styrene board, yellow cardboard, lacquer paint, otherH500 × W3640 × D1030mm H500 × W728 × D1030mm

私たちは当たり前のように電車に乗って移動しているが、ふとした瞬間に車窓から見える風景に魅力を感じることがある。

神奈川県鎌倉市長谷2丁目に観光客と住人の双方のための複合施設を計画する。対象敷地を通る江の電は、平均時速20kmと特にスピードが遅く、場所によっては線路と建物の距離がとても近い路線である。

上記の特徴のため、線路側に開口部を設けると、車窓からでも建築内部を観ることができる。建物の用途それ自体や使用する人々の行為、周辺環境などによって車窓から見える風景を創り出してゆく。

全長10kmの江ノ電のうち、0.3kmの車窓風景を少し変えることで、江ノ電の魅力は増幅され、既存の景色と混ざり合い、新たな風景を紡いでゆく。

遠藤貴大

「0.3の境界」は、江ノ島電鉄線の沿線住宅地との特徴的な関係をテーマに、長谷駅から0.3kmの線路際の空き地を敷地に計画した複合施設である。線路から連鎖するような敷地を利用した低層の建築群は車窓からの視線、線路向こうの開口との関係など丁寧に設計しており、江ノ電沿線の魅力的な空間をより増幅させるような提案である。制作テーマから研究、計画、設計、プレゼンテーションへと丁寧にまとめられた秀逸な作品である。

建築学科教授 布施茂

奥泉理佐子Okuizumi Risako

作品写真:A - A’
作品写真:A - A’

A - A’

模型|鉄、木、チップボールModel|Iron, wood, chipboardH270 × W800 × D400mm H200 × W300 × D250mm ×3点

演劇の舞台の上で、役者の振舞いにより、自由自在に移り変わる境界線に憧れていた。
脚本通りに自由な境界線を生み出す舞台と、行動は自由であるはずなのに物の位置に縛られる建築。
ふたつを分かつ境界線A-A’を取り払ったとき、どちらともつかぬ空間の移り変わりが生み出されるのではないかと考えた。敷地の周囲に存在するものを「場見る」ことで点へと変換し、風景を忘れて点同士を結び、部材を作る。部材上の素材の切り替え線は、風景上の線から抽出する。そうして現れた空間内の線同士の齟齬は、騙し絵を見るときのように空間の輪郭を体験者に委ね、動かない建築のなかで自在に境界が移り変わっていく。

奥泉理佐子

地形の特徴を色濃く残す数少ない街、新宿区荒木町。狭く急な傾斜地に張り巡らされた小道や建物群はいろいろ工夫する形で自然と調和し魅力ある街並みを作り出している。それらの工夫は、とても微細なスケールの集合で成り立っており、彼女は自然とそれに気づいたのだろう。そんな場所で、彼女はそれらの微細な工夫の塊の断片を丁寧に拾い上げ、自分の建築を立ち上げるきっかけにしている。一見過激なコンテクスチャリズムのようにも思えたが、彼女のそれはこの街の底に眠るゲニウス・ロキを呼び覚ましたにすぎず、そう見るとなんとなく微笑ましく、安心してみることができた。

建築学科准教授 菊地宏

小栗涼香Oguri Suzuka

作品写真:流れる景色、私の空間。
作品写真:流れる景色、私の空間。

流れる景色、私の空間。Scenery is flowing, it is my space.

模型|バルサ、紙、パステル、他Model|Balsa board, paper, pastel, otherH2500 × W1800 × D1420mm

移動する建築による新しい施設の提案をした。景色の美しい廃線を再利用する1つの方法、また、不動である建築を移動させることで起こり得ることを提案し、建築の新たな利用方法を考えた。
利用者が用途別の移動する建築を選択し、それらを連結、3番線ホームを発車する。選択した用途により宿やスタジオ、宴会場に変化する。移動した先に停車駅がいくつか設計されており、立ち寄り、街と関わる。ここでは様々な物語が生まれていく。

小栗涼香

「流れる景色、私の空間。」は、廃線になった川越市の西武安比奈線を利用した移動するホテルの提案である。移動するホテルは、約3kmの廃線の行程を利用しているため「宿泊するための場所」、「利用する部屋」、「停車駅」を選択でき、今までにはない建築の面白さや廃線を再利用することで街との新たなる可能性を感じさせる作品である。自らの建築的興味をいかに卒業制作として表現するかを丹念にスタディし、まとめあげた力作である。

建築学科教授 布施茂

鈴木美緒Suzuki Mio

作品写真:綻び紡ぎ、時を思う
作品写真:綻び紡ぎ、時を思う
作品写真:綻び紡ぎ、時を思う
作品写真:綻び紡ぎ、時を思う

綻び紡ぎ、時を思う

インスタレーション|布、タッカー針、てぐすInstallation art|Cloth, staple, silk gutH4600 × W6000 × D5000mm

布が織られた時間。私が布を解く時間。新たに私が解かれた糸を空間に紡ぐ時間がある。横糸を抜くと模様が溶け、布の時間がゼロに戻る。その糸を空間に再構成し時間の視覚化を表す。自分の手で解き紡ぐことで、布に内在する時間に関わり、私自身がその布の中に入っていくことを感じた。それを空間に立ち上げることは、私にとってそのものの時間を思うことであり、そこには私自身と布との関わり合いの時間が流れている。時間と模様の再構成。その時を思い、時間の中に入り込んでもらえたら。

鈴木美緒

建築学科にあって土屋スタジオに学ぶ学生たちは常に等身大(一分の一)の表現と向き合ってきた。それは縮尺の世界では得られない、身体や空間、素材や重力といった実存から逃げることなく創造力を養うことであり、まさにそこにこそ建築の原点があるからである。鈴木美緒の作品はその造形性もさることながら、彼女の空間に立ち入った瞬間に彼女独自の時空間に飲み込まれてしまう感覚におそわれる。ゴブランという古代西アジアに歴史を持つ織布を用い、かつてその布が織られた時間、そして彼女がその布を解く時間、悠久からの幾重にも交差する時間が彼女のインスタレーションは内包しているのである。

建築学科客員教授 土屋公雄

吉澤大起Yoshizawa Taiki

作品写真:識る
作品写真:識る
作品写真:識る

識るperceive

インスタレーション|ポリエステル糸、木材Installation art|Polyester yarn, woodH10100 × W9060 × D9400mm

多様な視点をもつことで新たな解釈を得られると思った。
あそこからみるそれと、そこからみるあれが異なるように。
8号館の吹き抜けは各階各面に開口が設けられ360度に近い視点を擁する。そこに糸を用いて境界が曖昧な空間を立ち上げた。見る場所や角度により多くの表情を窺わせ、日差しやその影、空模様と重なり変容していく。それらの要素を含めた多様な視点からのアプローチを促すことを目的とした。

吉澤大起

吉澤大起が表現した世界は、建築学科の卒業制作作品の中にあって最も「場」と呼応する作品である。表現自身は空間インスタレーションというカタチはとるものの、彼がこれまで建築を学んできたことの実技的エッセンスや建築的思考・文脈が十二分に感じられる、実に知的で創造的な作品である。それは図面や模型の縮尺の世界、或いはバーチャルの世界では伝えることのできない、その空間を体験したものでしか味わえない、多義的解釈と多様な視点を内在した最上級の作品であった。

建築学科客員教授 土屋公雄