学校法人武蔵野美術大学個人情報保護基本方針
(プライバシーポリシー)

「学校法人武蔵野美術大学個人情報保護規則」に基づき、次のとおり個人情報保護基本方針(プライバシーポリシー)を明らかにし、個人情報の適正な管理に努めます。

1. 法令の遵守

本学は、本学の保有する個人情報について個人情報保護法やその他法令を遵守し、当該個人情報の保護に努めます。

2. 規則、要領等の整備と管理体制の充実

本学は、規則等の整備と、個人情報保護管理委員会の設置など個人情報の管理体制の充実に努めます。

3. 適正な取得、利用目的の特定と第三者提供の制限

本学は、本学の教育研究及び運営その他必要な業務に関する個人情報を収集するときは、適正かつ公正な手段によることとし、本学の業務に必要な範囲内で、収集目的を定め、その目的の達成に必要な限度において行います。

本学は、個人情報保護法やその他法令に定める場合を除いて、あらかじめ本人の同意を得ずに、個人データをその利用目的以外に利用したり、第三者に提供しません。

4. 個人データの管理

本学は、個人情報保護単位(通信教育課程、美術館・図書館、学科等の教育単位、グループチーム及び武蔵野美術学園)の中に個人データ保護管理者を置き、個人データの適正な収集、利用、管理及び保存を図ります。

個人データを学外へ提供するとき又は本学の業務を学外に委託する場合は、契約等において当該個人データの適正な取扱いをすることを求めます。

5. 個人データの正確性の確保

本学は、個人データを正確かつ最新の内容に保つため必要な措置を講じます。

6. 保有個人データの開示、訂正、利用停止等

本学では、各個人情報保護単位の個人データ保護管理者が、本人からの保有個人データの開示、訂正、追加、削除、利用の停止、消去又は第三者への提供の停止の請求を受け付けます。

7. 不服の申立て

個人情報の取扱いに関する事項について不服がある場合は、不服申立審議委員会に対し、不服の申立てをすることができます。