彫刻コースは、将来彫刻家、美術家を目指す者として専門性を深め、そのための情報を受信し、社会に向けて自己の表現を発信する2年間です。大学院を学部4年間の単なる延長としてではなく、研究室とともに、変転する価値観の中で美術の在り方を考察し、ときには学部生をリードする立場をとりながら、自己の専門性を確立する過程として位置づけています。

[コース別必修科目] 彫刻研究Ⅰ/彫刻研究Ⅱ/彫刻研究Ⅲ

理念・教育目標

彫刻コースは、対外的な発表を含み実際に社会に対して表現を発信して行く場として、世界的な視野に立ち 専門家として自立して創作・研究活動を行う人材を育成することを目的とします。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

彫刻コースの研究課程は段階的な指導を踏むわけではなく、対外的な発表を含めた各自の制作計画を前提とします。各自の研究テーマに従った専門性・独自性の追求が核となりますが、それ以上に 作品を成り立たせている基盤を問う事を主眼とした指導を行います。2年間を通じての計画概要とは、そのための方法論、技術、メディアの追求、作品と社会を関わらせる手段の考察、自己の作品に対する批判的な展開の可能性、等について客員教授を含めた美術批評等様々な他領域との複合的な批評を行います。

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)

専門的な個人指導に加えて、国内外で活躍する作家、研究者による理論と制作両面のゼミが計画的に行われます。追求すべきテーマを持ち、専門的な多方面からの批評と指導の中で研鑽を深化することのできる人材を募ります。

  • 彫刻における優れた表現技術を持ち、創造・研究活動を通して社会に関わろうとする人。
  • 独自の表現領域を持ち、創造・研究活動を通して社会に関わろうとする人。
  • 彫刻の表現に疑問を持ち、創造・研究活動を通して社会に関わろうとする人。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

彫刻を基盤とした美術に関わる専門家として優れたオリジナリティを持ち、社会に対して自立して活動できる人材を育成するという目的において、コースにおける最終的な研修成果を問うために、修了制作(公開展示)として次の事項について研究室教員全員で総合的に判断し評価します。

  • 表現の独自性が探求されているか。
  • 表現における優れた技術が認められるか。
  • 自己のテーマに沿った制作の展開が行われたか。
  • 表現者として意識を持ち、対外的な発表が積極的に行われたか。

彫刻コースの教員、研究室スタッフは造形学部彫刻学科の教員紹介ページをご覧ください。専任教員には詳しいプロフィールへのリンクもあります。

研究室サイト

彫刻学科研究室の特設サイトもご覧ください。
彫刻学科研究室サイト

入試情報