建築設計基礎・図学・建築設計表現 1年次

杉澤にれ『一緒にデザインする家』

前期に開講される【建築設計基礎】【図学】【建築設計表現】は、建築デザインの基礎や表現技法を学ぶ授業です。名作のトレースや小建築の設計を通して図面(CADと手描き)と模型表現を習得し、建築の構想から設計に至る方法を時代背景とともに研究します。

設計計画Ⅰ 1年次

石川直実・佐橋飄・藤田耀平・岩野衿花・武田涼花『 通る空間 溜まる空間』

大嶋笙平『 空とのカイコウ』

後期からは4年間を通して学科の中心科目となる【設計計画】(建築設計演習)が始まります。1年次の【設計計画】では、大学キャンパスを実測して建築のスケール感を把握し、原寸大のモックアップを角材で制作することで、構造・工法・空間の構成、環境の読み取り、身体感覚などを習得します。

設計計画Ⅱ 2年次

前澤尚佳『City』

磯野信『KIRIDOHSHI』

【設計計画Ⅱ】では、設計・デザインの基礎課程として、もっともベーシックな用途である住宅をはじめ、小規模公共建築や複合用途の建築の設計を学びます。私的空間から公的空間へ、単機能から複合機能へ、より規模の大きな建築を指向する流れの中で、地域の固有な生活文化・住環境の読解、木造建築の架構技法、建物利用者の諸活動を分析し、再編成する提案を含めた設計方法などを学びます。

設計計画Ⅲ 3年次

布施スタジオ/渡邉和『CLIFF HOUSE』

写真:村松 聡

長谷川スタジオ/木本汐音『まざり合う、都市の居場所と墓地の居場所』

写真:村松 聡

3・4年次の【設計計画】は以下のスタジオ単位で行います。分野としても建築デザイン、環境造形、ランドスケープデザインなど多岐にわたるのが特徴です。

  • 鈴木スタジオ [身体から建築と都市を考える]
  • 小西スタジオ [建築と構造の融合]
  • 高橋スタジオ [社会と場所の関係から]
  • 長谷川スタジオ[ランドスケープデザイン、風景と私たちの営みの関係を探る]
  • 布施スタジオ [建築空間の形式と可能性]
  • 源スタジオ [モノからの建築デザイン]
  • 菊地スタジオ [地形と建築の新たな関係]
  • 土屋スタジオ [環境造形、アートの視点から]

卒業制作 4年次

山田陽平『品川駅改造計画 -都市を異化する-』

品川駅の地下40mに建設中のリニアモーターカーの駅を、巨大なヴォイド空間によって顕在化させた提案。既存の品川駅から地下へ広がる動線を見事に計画し、平面と断面によって丹念に設計した空間は、シークエンスの構成、プロポーションなど秀逸な建築です。卒業制作において、この規模の建築を計画し、圧倒的な図面と模型によるプレゼンテーションは、質、量とも圧巻の内容です。

石井夏帆『space 7』

怪しげなホテル「space 7」は、建築家・芦原義信が設計した本学7号館1階階段下の、普段は物置場として使われている隙間空間にインスタレーションしたものです。この空間はキャンパス内でも南側に面し休憩所とも隣接した、学生たちには比較的人気のある場所でありながら、なんとなく忘れられた空間でもありました。今回、作者はこの隙間空間に、現代人の誰もが持つ「心のスキマ」を埋めるための異空間を制作したと言えます。