映像基礎Ⅰ(写真基礎)1年次

映像学科では写真や映画が生まれる前の装置から映像の原理を学び、その原理の応用から映像制作の第一歩を踏み出します。【映像基礎Ⅰ】は、すべての映像の原点とも言える写真の基礎を、教室を暗箱と見立てた大型ピンホール、小型ピンホールカメラの制作と撮影、フォトグラム制作、フィルムカメラやデジタルカメラを使った撮影やプリント制作などを通して、総合的に学びます。

デジタルドラマⅠ 2年次

実写映画の制作にはアニメーションやインスタレーション、写真など他分野に生かせるヒントが無数にあります。【デジタルドラマⅠ】は、8週間の集中講座で実写映画のつくり方を学びながら、10数人のチームで短編映画を制作する必修演習授業です。映像表現の活動に必須のグループワークやクリエーションの術を習得し、創作行為の幅を広げます。

写真実習Ⅰ(カラー写真)2年次

【写真実習Ⅰ】は35mmフィルムの一眼レフカメラや大型カメラ、中判カメラを使用した撮影実習、プリント制作を通して、RGB、CMYの相関や補色を理解し、ニュートラルカラーのタイプCプリントを制作する術を学びます。この授業に続く【写真実習Ⅱ】では、デジタルカメラを用いて、次世代における新しい写真表現の可能性を探ります。

映像・写真表現実習I 3年次

【映像・写真表現実習I】は、1・2年次において自分自身が学んできたことを各個人・グループ別の制作として実践する実習で、「進級制作」と呼ばれています。この授業では一人ひとりが企画立案から制作、上映や展示設営までの一連の流れを、しっかりと理解することが求められます。

卒業制作 4年次

辻村舞『忌み子とこぎつね』

映像 3DCGアニメーション|11min 4sec

舞台上の小舞台。三味線の弾き語りの二重構造で物語は幕を開けます。山村に一人暮らす男と、偶然出会った狐の共同生活。この世ならぬ妖かしの世界とつながる狐。狐は男と生きることを選び、男もまた、村の共同体に住むことに困難を抱え、村を捨てる決意をします。作者は10代の頃から温めていた題材を平面技法のCG で具現化しました。滝の描写は絶妙。古典芸能の筋運びや北斎らの様式について丹念に研究し、表現に昇華した作家性の高い作品です。

飯村鈴香『たゆたう』

印画紙、インクジェットプリント|H297 × W420mm ×16点、H594 × W841mm ×3点

都市郊外の平凡な風景の中で、拠り所のない身体を限りなく透明にしながら、風景を包み込む陽光や大気そのものを感受、獲得しようとする作者の柔らかな意志に満ち溢れた作品です。写真という一瞬の刹那に、永遠という名の時間軸を付与することに成功しています。