日本画基礎Ⅲ(人体)1年次

杉山真唯『おとうと』

雲肌麻紙 、岩絵具 、水干絵具 、盛上|H727 × W910mm

【日本画基礎III】は、私たちにとってもっとも身近な存在である人体をテーマに描く1年次最後の授業です。この授業の前に開講される【絵画基礎I】で学んだ人体デッサンを基本にして、人間の肉体、骨格の中から生まれるフォルムを発見し、それを取り巻く空間や構成を考えながら独自の表現につなげる力を養います。

日本画基礎Ⅶ (人体制作または自由制作)〈進級制作〉2年次

野田大地『商品化ハート』

雲肌麻紙、水干、岩絵具、墨|H490 × W820mm、H490 × W1620mm

進級制作と呼ばれる【日本画基礎VII】では、1・2年次の学びの成果をコンクール形式で発表し、講評会を行います。人体制作、自由制作のいずれかを選択し、2年間で養った基礎技術を生かしながら、与えられた課題から脱した自己の表現を探ります。また、自らの表現について論理的にプレゼンテーションする力も身につけていきます。

絵画実習Ⅴ・Ⅵ(自主制作)3年次

寺野葉『困った時に』

土佐麻紙、岩絵具|H2273 × W1620mm

9週間にわたる【絵画実習V】【絵画実習VI】は、自己や社会と向き合い、自分にとっての絵画、日本画を問い直し、表現の可能性や方向性を考える大切な授業です。担当教員とコミュニケーションを重ねながら制作を進め、学内外に向けて発信する展覧会の企画・運営も担当するなど、制作から展示に至るまでのプロセスを実践的に学ぶこともできます。

卒業制作 4年次

川口瑠菜『家』

雲肌麻紙、薄美濃紙、岩絵具、水干、墨、胡粉、木炭、パステル|H1800 × W4500mm

この作品は題名に「家」とあるように、作者の自宅の居間の一部がトリミングされた光景である。素早く即興的なドローイングのうねる線の表現と、身近な人物の日常を丹念な観察による生きた描写。さらに、廻りの生活感のあるモノクローム調の厚く密な部分から透明感のある色彩で薄く塗り重ね、その奥にある、何も描かず手つかずの解放された光の清澄な空間へと導く構成力。絵を通して伝わってくるのは作者の人間性だとよく言われるが、ここには作者の等身大の絵づくりを抑えた素直な日常の視線が画面に満ちている。(西田俊英教授)