Printmaking

充実した設備や環境、学年の枠を超えた工房での制作を通して、版画の新しい可能性を追求する。

浮世絵や数々の歴史的出版物に代表されるように、版画は美術作品の領域を超え、「社会とつながるメディア」として人々の生活に関わってきました。絵本やイラストレーション、写真、映像、立体など、あらゆる複製メディア表現にその規範を広げる中、版画専攻では積み重ねられた版画の「伝統」に向き合うとともに、版画を起点とした「現代」の美術表現への展開を視野に入れ、ファイン系とデザイン系の両領域が多層的に重なり合う学びの場を実現しています。

油絵学科[版画専攻]の教育理念・教育目標、カリキュラム・ポリシー、アドミッション・ポリシー、ディプロマ・ポリシーです。

油絵学科[版画専攻]の授業の特徴と4年間のカリキュラム概要を紹介します。

油絵学科[版画専攻]の教員、研究室スタッフの一覧です。専任教員には詳しいプロフィールへのリンクもあります。

卒業制作優秀作品

油絵学科[版画専攻]で学んだ学生たちの制作・研究の成果から、優秀作品を紹介します。

油絵学科[版画専攻]の授業から何を学び、どう作品に生かしたかを学生にインタビューしました。

研究室サイト

油絵学科[版画専攻]の基本データ

専攻分野 版画
取得可能な資格 中学校教諭一種(美術)教員免許
高等学校教諭一種(美術、工芸)教員免許
学芸員
学生数 1学年 25名
2学年 25名
3学年 32名
4学年 28名
合計 110名(2018年5月現在)
進路状況 作家、大学院進学、教職などの他、近年では広告業界や各種メーカー、アニメーションやゲーム業界への就職も多くなっています。また、豊富な経験を生かし、印刷業界で活躍する卒業生も少なくありません。
入試情報 油絵学科[版画専攻]が実施する入試は以下のとおりです。