造形に関するもっとも優れた基本教育を目指す本学では、個々の学科が独自に専門的能力を追求する[学科別科目]に加え、総合的判断力・批判力を養うために広く諸学問を学ぶ[文化総合科目]、自分の専攻とは異なった領域や他学科の開設する授業を学ぶ[造形総合科目]をバランスよく履修できるシステムを構築しています。

文化総合科目

造形の各分野を専攻するにあたって、その基盤をより豊かにするために、広く諸学問を学ぶ授業科目です。人文・社会・自然の各分野の教育科目、外国語科目、保健体育科目、美術・デザイン・建築・映像の各領域の専門科目などが開設されています。

造形総合科目

すべての学生が、絵画、彫刻、デザインから専門と異なる領域を実習する「Ⅰ類必修科目」と、他学科が全学にむけて開講する授業を選んで履修する「Ⅰ類選択必修科目」、広く全学を対象とした授業を自由に選択する「Ⅱ類科目」からなっています。これらの授業科目は、11学科の他に、「共通絵画」「共通彫塑」「共通デザイン」というそれぞれ独立した教育組織によって指導がなされています。

教職に関する科目

教員免許状(中学校教諭一種「美術」、高等学校教諭一種「美術」「工芸」「情報」)を取得するための科目です。

博物館に関する科目

博物館や美術館で、資料の収集や整理、保存、展示企画、普及、調査研究などを行う専門職員が学芸員であり、その資格を取得するための科目です。