3つの研究領域から成り、それぞれの領域を極めるための横断的な制作・研究環境を整えています。

3年以上在学し、1年次および2年次に配当された選択科目から4単位および各学年に配当された必修科目から6単位、合計10単位以上を修得し、かつ博士論文の審査および最終試験に合格することにより修了となります。

作品制作研究領域

物を創ること、自己のイメージを顕在化することは人間の本質的要求であり、作品は制作者自身の生の実感や強い欲求から生まれてきたと言えます。本研究領域では、これらの表現への意欲や欲求を問い直し、人間の存在に関わる新たな世界観の創出を目指します。さらに作品の制作を通して、美術表現における認識、価値観、表現方法、素材、技術、歴史などの問題を探究し、普遍的で新たな表現の可能性を探ります。平面表現絵画(日本画、油絵、版画など)、立体表現(彫刻、立体造形)、空間造形表現にとどまらず、他の研究領域との協同作業も視野に入れたプロジェクト計画、映像表現、インスタレーションなどの造形芸術分野、さらに多様なメディア表現を加え、これらの横断的で複合的な新たな表現領域の可能性も探ります。

環境形成研究領域

現代社会におけるひと・もの・情報、それらから構成される環境を対象として、相互のより良い関係を目指し、優れた技術と知見によって環境形成を行う研究領域です。コミュニケーションデザイン、プロダクトデザイン、クラフトデザイン、空間デザイン、建築、映像デザイン、情報デザインなどの分野が含まれます。研究テーマは、様々な道具・空間・情報に関係するデザイン研究、また、道具・空間・情報の生産と使用における物質と人間の関わりや環境課題を対象とする研究、人間の認知をはじめとする行動などの評価と研究、環境形成作用と社会・経済構造の関係を見据えた環境設計システム(仕組み)のデザインと研究(マネージメントや政策を含む)などが考えられます。

美術理論研究領域

造形芸術領域(美術、建築、デザイン、工芸、メディア・アートなど)に関する歴史研究および理論研究を行います。造形芸術に関する歴史的・理論的研究は、各対象領域が拡大しており、隣接する諸科学との協働も必然的となっています。本研究領域ではアクチュアルな制作実践や社会との影響関係に関わる課題の研究も行います。したがって、これらの研究を狭い領域の専門性へと囲い込むことなく、開いていくことによって、造形芸術の意味を改めて問い直します。さらに、専門的な知識を前提としながらも、 繰り返し新しい視点から分析や解釈を実践し、研究の在り方や理論の更新を行い、新たな創造の可能性を探求します。造形芸術領域の学術研究者の他、制作をはじめとする造形教育や批評、美術館などの活動に寄与する人材を対象とします。

熊野の印象
熊野の印象|小澤啓|作品制作研究領域

博士後期課程の基本データ

在籍者数 作品制作研究領域 5名
環境形成研究領域 4名
美術理論研究領域 0名
合計 9名(2016年5月現在)

入試情報

博士学位論文