大西亜実Onishi Ami

移動式マクベスmovable stage -Macbeth-

演劇|木材、布、他Play|wood, cloth, otherH1300 × W2100 × D2460mm|40min

演劇は面白い、そう信じて4年間この表現媒体と関わってきました。
けれど観劇という行為に、ドラマや映画を観る事とは異なった独特の敷居の高さが存在しているのを感じます。
共同制作者である空間演出デザイン学科の藏中智子と共に、この問題に対する私達なりの正解を形にしました。
劇場に足を運ばなくても、舞台に興味が無い人でも、一時足を止めて演劇の面白さに触れてくれますように。

大西亜実

綺麗は汚い 汚いは綺麗 さあ飛んで行こう 霧の中。このマクベスもフォーマルな劇場舞台と同様に始まる。
自らが実感している演劇の魅力とシェークスピアの魅力をもっと多くの人に伝えたいと、劇場が屋台となって移動し観客側へ出向くという形式を採用した。演出・美術をはじめ作品を構築する全ての表現において、極めて自由度のない空間制約があったからこそ生まれた総合作品であり、制作に関わったすべての人を賞賛する。
この作品には積極的な映像的解釈と意識が認められる。近距離での鑑賞はクローズアップを可能にし、小道具による早変わりはカットの効果を示してシーンを構築する。移動によって変わる背景も同様に映像的解釈ができ、それが大西作品の独自性だと高く評価された。
本来のマクベスを失うことなく楽しく伝えたいという思いは、マルカムのカジュアルな人物表現に集約されている。マルカムを現代の若者に仕立て、瞬時に“時”を超えて「マクベス」を身近にしている。このマクベス、実は400年の“時”を移動しているのである。

映像学科教授 篠原規行

大川夏来Okawa Natsuki

苦悩の壺anguished vase

映画|HDVMovie|HD video43min34sec

太宰治作『晩年』より「葉」(一部抜粋)を原作とした実写映画。「死のうと思っていた。ことしの正月、よそから着物を一反もらった。お年玉としてである。着物の布地は麻であった。鼠色のこまかい縞目が織りこめられていた。
これは夏に着る着物であろう。夏まで生きていようと思った。」この短い文章に太宰治の史実を織り交ぜて描いた映像詩。

大川夏来

太宰治の数行に導かれて、修治(太宰の実名)の最後の日日を描いた作品。
実際の太宰治の人となりや、実際の出来事はよく知られているところであるが、その日日の永遠とも思われる無時間的な時間感覚と、幸せを求めるのと同様な、死に対する自然な心情はフィクションであり、大川が一番描きたいところであろう。そのための、シナリオの構成は綿密であり、演出は、演技に価値付けられるだけでなく、カメラによって造形的にも価値付けられている。カット割りやサイズ、カメラワークの確かさに加えて、特に、シークエンスごとに変化する映像のアスペクト比の演出は見事である。

映像学科教授 板屋緑

久保田智咲Kubota Chisaki

屠場を巡る恋文Love letter for the place called slaughterhouse.

ドキュメンタリー|HDVDocumentary|HD video33min

屠殺場、屠場、食肉センター、名前が変わり技術が進歩しても、暖かい動物たちが運ばれてくるのなら、そこにある思いは変わらずにあるのだと思います。流れる血や糞尿、肉に囲まれながら歴史や差別と向き合う人がいます。そこで働く方々の思いは様々ですが、限りある時間の中で、愛を頼りに、哀しみも喜びも背負って働く名もない屠夫が、その家族が、今日もどこかにいるのだと思っています。

久保田智咲

屠場の資料は数多く存在するが、実際の取材や撮影は極めて困難である。加えて、そこには部落問題や命を食べる問題等が横たわっている。そのような状況で、久保田は新たにインタヴューが取れる度に、または、撮影の許可が下りる度に、ドキュメンタリーの構造を変化させ、成長させている。
そのためには、自分の立ち位置すら微妙にずらすことをいとわない。ドキュメンタリーにおける主体の作用を認識しているからだ。テーマさえも「愛する人、守りたい人のために克服されるべき差別」へとずらしていく。久保田のこのしなやかさで制作されたドキュメンタリーは、清らかで、気高い。

映像学科教授 板屋緑

瀧澤匠子Takizawa Shoko

w(e)ave

写真(フォトコラージュ)|写真、木製パネル、塩ビ波板、シュレッダーPhoto (photo collage)|photo, wooden panel, vinyl chloride sheet, paper shredderH210 × W300 ~ H800 × W1000mm × 17点

変容する水の動きをメタファーに「写真的な流動する時間」を3つのアプローチによって解体と再構成の表現を試みました。
デジタル合成技術で出来た一枚は写真が複数の瞬間で構成された画面として1イメージの中の「時差」をはらんでいる。1シャッターで捉えることのできなかった「一瞬」は相対する枚数の身体的なリズムで切り取られた連続写真の全てを羅列することで「時間の塊」の1イメージへと置き換える。
それらの塊を一度崩壊してランダムに隣り合うピースを組み均一化された1イメージになる時、時の糸を編み柔軟に変容し包み込む「時間の姿」を掠めた。

瀧澤匠子

写真画像の再構成。同一イメージの反復から始まり、シュレッダーにより裁断された破片をアトランダムに、たんねんに平面にもどしていく作業まで進んでいく。最近作では、波板上の構成に進んでいるが、まだ作品を成立させているシンプルな構造には多くの可能性がひそんでおり、決して複雑化する事だけが作品を昇華させるのでは無い事を暗示している。
「平面から平面を構成する」スリルをさらに多く、深く味わってほしい。と思う。

映像学科教授 山崎博

三浦のどかMiura Nodoka

まっくろい虹prismatic black

カットアウト・アニメーション|HDVCutout Animation|HD video1920 × 1080pixel 2min44sec

紙のパーツを少しずつ動かしながらコマ撮影し、形が激しく変化する部分には手描きやセルの層を加えた。
鳥が身をひるがえして溌剌と飛ぶさまに、生きて動くことへの純粋な喜びを見ることがある。動かないはずのものが動くアニメーションの喜びとその事が、制作を通して結びついた。
イソップ寓話「鳥の王様えらび」が作品のモチーフになり、カラスが主役に決まった時、からすの色が虹のように見える瞬間を描こうと思った。

三浦のどか

美しい作品です。丁寧にディティールを書き込んだパーツによる鳥のコマ撮りアニメーション後半は一転して抽象化した墨の線によるアニメーション、具象と抽象が時間軸の流れに表現されています。それも作者の表現者としての葛藤の結果として。
多くの美大生が作品化を望む仕上がりです。

映像学科客員教授 石茂雄

安川央里Yasukawa Ouri

mob

アニメーション|HDVAnimation|HD video3min30sec

一枚のドローイングをトレースする。これを何千回も繰り返して作ったアニメーションです。
持続する動きを眺めていたいという欲求が、この映像を作らせました。

安川央里

安川央里の情熱は、唯一枚の静止画をトレースし続ける行為に向けられる。
手作業だから、そっくり描き写しても微少のズレが生じる。これを何千回と続けるうち、最初の絵からは程遠い形に変貌していく。僕たち自身の肉体と世界がそうであるように。これは数カ月間に及ぶ作者自身の精神生活の記録であり自己ドキュメンタリーなのだ。アニメーションの語源は「命」。彼の仕事ほど「アニメーション」と呼ぶに相応しい作品があるだろうか!

映像学科教授 黒坂圭太

山口紗清Yamaguchi Sakiyo

浮動する境界The floating boundary

映像|プロジェクターVideo|projector1920 × 1200pixel 15min

地球には、美しい風景が、たくさんあります。それらが一続きの大陸、海の上で、同時に存在しているということに、私はいつも新鮮な驚きを感じます。
そして、同じく私の中にもたくさんの風景や感情があって、それらは明確な境界を持たず、たゆたいながら同時に存在していることに気づかされます。
今回の制作では、このことを、実写映像のコラージュという手法を用いて、一つの作品にしました。

山口紗清

山口紗清が映像で創造した5つの場所は強度があり、イマジナティブである。5つの場所に共通していることは、何かがそこで生成しているという感覚である。そう感じるのは、それらを構成している映像素材が、火や熱、水などとの反応や現象を撮ったものを含んでいるからであろう。5つの場所は層状に境界をもちながら震動し、絶えず生成を繰り返している。だからこそ、この作品は幾つもの創世神話や宇宙論に反響しているのだ。

映像学科教授 板屋緑

寺崎珠真Terasaki Tamami

Rheological Landscapes

写真|インクジェットプリントPhoto|ink jet printH560 × W840mm × 34点

これらの写真はダム建設によってできた人工湖とその周辺を撮影したものです。ダム自体は本来の機能を果たす一方、周辺地域を含めて整備され観光地として有名でもあります。しかし、私はそのような中心的なものではなく、人の眼が向かなくなったものや全体を成している細部のほうに惹かれました。
様々なものが各々の速さで絶えず変化を続け、人為も自然も線引きされることなくすべてのものが一つの循環の中にあります。

寺崎珠真

「Rheological Landscapes」シリーズは、神奈川県の宮ヶ瀬湖(ダム)を2年間に亘って丹念に撮り続けた労作である。私的で内向的な写真作品が多い中、寺崎の作品は真正面に外部世界(風景)と対峙しており、表現しようとする自己を極力抑えることによって、風景自身に内在する感受性の在処を見事に抽出している。デジタル時代の新しい風景写真を予感させる優れた作品である。

映像学科教授 小林のりお