伊藤健太郎Ito Kentaro

にじみマスspread the common

模型|スチレンボード、スノーマット、段ボール、他Model|styrene board, snow matte, cardboard, otherH1500 × W2400 × D2000mm

京王線府中駅から1.5キロに位置する米軍基地廃墟。現状では周囲をフェンスで囲い、敷地内に人は入ることができない。周辺に多くのパブリックスペースがあるここが開放され、人が楽しく行き来できるようになれば街の活性にもつながると考えた。しかし、この廃墟がこの街に与えていた影響は少なくない。人と関わることのなかった空間をいかにして今の街になじませるか考えた。用途は周辺の教育施設と提携する歴史資料館(賃貸アトリエ、BBQ場、東屋、貸し箱庭など)を設けた。また、元の土地を点在させ、それまでの木々や、廃墟を残している。
形を造るにあたり、屋根型に包まれた空間は内部の人たちに一体感を与え、コミュニケーションを生むきっかけをつくると考え、屋根型で通りをはさむことで、双方の空間「マス」は通る人たちによって関わりを持ち、それがマスの四方で起こり周囲ににじむように広がる。1800ごとの層の集まりでできた緩やかな山なりはほどよい視界の変化を与えている。ほとんどもとの木々を残しているため、周りの公園の木々や山の景色に溶け込む外観である。

伊藤健太郎

現在、地域にはNPO、高齢者サークル、サードプレイス指向など地域に暮らす人たちの自主的集まり、活動の高まりが見られる。これらは、地域に分散して、それぞれの拠点をもち活動が行われているが、伊藤くんは、これらの活動が刺激し合い、様々な連携の生まれる、先例のない都市的場を提案した。すなわち、地域の自発的、流動的、創造的な活動の場づくりとして、インフラとなる多層のグリッド街路と、組み立て分解のできる架構を提案した。タイトル「にじみマス」には、この都市的場と地域の関わりに対する思いが籠められている。自身の地元である敷地の歴史遺産を残しつつ、時間軸のある計画としたことも意義深い。

建築学科教授 源愛日児

高橋義明Takahashi Yoshiaki

場の表出expression of place

IronH8422 × W5000 × D10656mm

12号館地下ドライエリアに存在する空間の一部をこの場所から立ちのぼらせる。視覚化されたねじれた空間と既存の空間とが重なることによってうまれたこの作品は、人と空間との間に緊張関係を生み、この場所とまっすぐに相対する時間を与えた。

高橋義明

12号館の通称ドライエリアと呼ばれている空間に制作された髙橋義明の作品「場の表出」は、建築鋼材をグリット状に高さ8m × 奥行き10mで構成したインスタレーションである。従来このドライエリアなる「場」は、地下への採光のため設けられたスペースであり、通常は機能的にも曖昧なまま意識されない空間である。今回彼はあえてこの「場」に関わりダイナミックな造形作品を存在させる事で、空間を視覚的に再認識させ、場とアートの関係性を体感的に表現したのである。

建築学科客員教授 土屋公雄

豊島浩太郎Toyoshima Kotaro

寝帯と動帯shintai-doutai

模型|スチレンボード、バルサ板、黄ボール紙Model| styrene board, balsa board, yellow cardboardH300 × W2500 × D600mm H300 × W650 × D800mm

料理せず、シャワーで済まし、洗濯も数日に1回。そんな「面倒くさい」に染まった学生や単身者は多い。彼らは完備された生活インフラにそれほど依存していないのではないか。そんな疑問から生活空間と生活インフラを分離させ、インフラ側を公共施設へ還元した建築を提案する。大学密集地文京区4900㎡の敷地に小さな学生街が生活を補完する住み方。

豊島浩太郎

学生や単身者の実際の生活に対して、ワンルームのような住居形式に違和感を感じ、集まって住む新たな形式の設計提案である。単身者の生活スタイルから考えた水廻りを共有化した提案は、学生寮や社員寮のようであるが、それを周辺地域に開いた計画にすることによって、新しい可能性を創りだしている。この作品は、計画・設計・プレゼンテーションとも秀逸であり、近年の卒業制作の中でも特に図面と模型の完成度が高い作品である。

建築学科教授 布施茂

野田樹里Noda Juri

存在の耐えられない軽さThe Unbearable Lightness of Being

模型|紙、スチレンボード、木、アクリルModel|paper, styrene board, wood, acrylic boardH120 × W1680 × D1190mm H100 × W840 × D595mm

本と自然現象を媒体とした思想空間の提案。
人が密集して住む所では身近な人間関係が重視されます。
人によっては社会性を営むバランスをとる為に、人間関係から距離をおいて静かに思想する空間も必要です。
川の隣、静かな団地の一角にひっそりと入り口があり、中へ入ると変動するシーンに導かれ奥へと進み、居場所を見つけます。
本の情報や、光、水の音、風や気候などの自分の外側の多彩な情報と共に静かに思案する空間です。

野田樹里

この作品は郊外のありふれた住宅地におかれた一つの庭である。敢えて周辺のコンテクストから離れ、独自の世界をその内側につくっている。彼女はそういう空間が、再度人々がつながるために必要だと言っている。つかず離れずのきわめて微妙な距離感がこの作品において到達できているかはこれを見る各人によって違ってしかるべきだろう。
しかしその世界観を丁寧なドローイングと模型で仕上げたことを評価したい。

建築学科教授 長谷川浩己