「武蔵野美術大学緊急対応給付型奨学金」の実施について(5/28更新)

新型コロナウイルス感染症の拡大による経済的影響により、修学継続が困難になっている通学課程の学生を対象に、「緊急対応給付型奨学金(30万円一括給付)」の給付を実施します。この奨学金は、武蔵野美術大学奨学金など、他の修学支援制度と併願できます。
なお、この度の奨学金は緊急性を重視し、下記のように申込期限を定めていますが、それ以降につきましても、今回の応募状況や今後の社会経済状況に注視しつつ、本学では引き続き修学支援を実施してまいります。

給付金額 ¥300,000-(一括給付)
給付対象 本学の通学課程の学部生、大学院生*
*給付対象者の詳細は以下のPDFをご覧ください。給付対象者の詳細
採用人数 200名程度
申込期限 7月10日(金)[当日消印有効]
*上記採用人数に満たない場合は、締切後の書類提出に応じる場合がありますのでご相談ください。

経済要件について

次の1と2の両方を満たすこと。

  1. 家計支持者2人分(父母、または父母の代わりに家計を支えている者)の2020年(1月1日〜12月31日)の所得見込額が、給与所得者の場合は841万円以下、給与所得者以外は355万円以下、給与所得と給与所得以外の所得の両方がある場合は合算して841万円以下であること。
  2. 家計支持者2人分の2019年(1月1日〜12月31日)の所得と比較し、2020年(1月1日~12月31日)の所得見込額が2/3以下となること。

応募書類について

出願書(PDF)をダウンロードし、黒または青のボールペンで、ご記入ください。
出願に必要な書類を同封し、申込期限までに大学へ提出してください。

1.出願書
2.同封する書類
  1. 家計急変を証明する書類(家計支持者2人分)
    2020年1月〜5月までの給与明細等の写し、または帳簿等の写し。
  2. 次のうちいずれかの書類
    ・新型コロナウイルス感染症に係る影響による収入減少があった者を支援対象として、国及び地方公共団体が実施する受給証明書の写し、または、これに類するものと認められる公的証明書の写し。
    ・日本学生支援機構[貸与奨学金]確認書兼個人信用情報の取扱いに関する同意書の本人控の写し。
    *詳細は以下のPDFをご覧ください。証明書の詳細
  3. 課税(非課税)証明書(家計支持者2人分)
    証明書は市区町村役場で6月初旬から発行されます。2019年(1月1日〜12月31日)の所得が記載されている課税(非課税)証明書を市区町村役場窓口で請求してください。
    提出する書類は写しでもかまいません。
    (「武蔵野美術大学奨学金」または「武蔵野美術大学地方出身学生支援奨学金」を申請する方は課税(非課税)証明書の本紙同封が必要です。「武蔵野美術大学緊急対応給付型奨学金」を併願するときは課税(非課税)証明書の写しでかまいません。)
  4. 特殊事情に係る申請書類
    必要な方のみ提出。母子・父子家庭、独立生計(本人のみ)、独立生計(配偶者あり)、父または母が海外に勤めている場合等が該当します。必要な書類の詳細は出願書をご覧ください。
  5. 通帳コピー添付用紙(通帳コピーを貼付してください)

送付先

〒187-8505 東京都小平市小川町1-736
武蔵野美術大学 学生生活チーム
「封筒貼付用紙」に記入の上、角形2号封筒に貼付して送ってください。
締切日が近い場合は、レターパックか速達を利用してください。

給付までの手続きについて

  1. 書類提出締切後、すみやかに審査を行い、出願者が指定した銀行口座へ振込みます(振込手数料は大学負担)。
  2. 選考結果はLiveCampusでお知らせします。

以上

関連記事