知識を広げながら深め、深めながら広げていく。

映像表現を通してメッセージを創造しようとする、さまざまな資質を持つ人を求めて、多様な入試を実施しています。
1、2年次では、写真、ドラマ、アニメーション、メディア・アート、イメージフェノメナンの各専門教育を横断的に学び、映像表現の総合性を感知します。
3年次からは各コースに分かれて、自らの確信のもとに本来の専門性を獲得する全方位的なカリキュラムです。

カリキュラム

1年次

写真や映画が生まれる前の装置から映像の原理を学び、その原理の応用から映像制作の第一歩を踏み出します。その後、ジャンル別(写真、アニメーション、ビデオ、デジタル表現)の基礎実習において、制作や表現のための基本的なプロセスと考え方、制作の姿勢を学び、各ジャンルの表現を支える基礎技術を修得します。専門科目の講義「映像原論」では映像表現の広がりと奥行きを知り、映像の多様性と多面性、映像の力を認識します。後期には造形総合科目が設定されており、絵画、彫刻、デザインの視点から造形を学びます。

2年次

映像表現は人々の心に作用するものでなければなりません。その理解のために位置づけているのがドラマ制作です。映像の表現活動に必須となるグループワークで創造的な恊働の在り方、議論の進め方、双方向的な関係の持ち方を習得し、持続的かつ自立的に芸術表現を行える態度を学びます。その後、ジャンルを横断する選択カリキュラムが編成されています。12科目の中から4科目を履修して映像表現の基礎をさらに深めます。

3年次

映像表現コース
専門ジャンルを学ぶための集中的な実習カリキュラムが編成されています。ドラマ、CG&アニメーション、メディア・アート、イメージフェノメナンの4ルートが設定され、年間を通して専門ジャンルを学ぶ学年、制作研究を深めるための学年となります。ただし選択した専門ジャンルに加え専門外の1科目を履修するよう構成されています。この方式は専門を深めるための本学科カリキュラムの特徴となっています。

写真表現コース
映像の専門ジャンルの中で、写真に特化した高度な実習カリキュラムが編成されています。銀塩フィルム、デジタルフォトの両極を見据えながら、プロフェッショナルな現場に対応しうるランドスケープ、ストリートスナップ、スティル・ライフ、ポートレートなどの撮影技術習得を目指すと共に、映像ジャンルの中で独自に進化してきた写真表現の批評と検証、制作研究の実践を年間を通して行う学年となります。

4年次

卒業年次には卒業制作が課されます。前期はゼミ担当教員の指導の下、これまでに習得した制作技術を集大成して、もう一度、映像とは何か、映像を通じてどのようなメッセージが伝達されなければならないかを問い直すと同時に、社会の要求に応じることの出来る観察力、企画力、表現力、技術力を養うことに力を注ぎ、卒業制作へ向けての基礎的あるいは最先端の制作・研究を行います。後期には、自ら作品のテーマを設定し、学士課程における自らの勉学の総決算として卒業制作を完成します。