専門コース以外の経験が、将来の創作活動を支える力になる。

工芸作品・工業製品とともに快適に過ごす方法を考え、未来へつなぐ視点を持って、人の生活に必要なコトとモノを提案できる人材を育てます。2年次後期よりインダストリアル[ID]、インテリア[INT]、クラフト[CD](金工、木工、陶磁、ガラス、テキスタイル)に分かれますが、基礎課程では各コースを体験しながら、すべての分野に共通する素材・造形感覚、色彩感覚、構成能力、美意識を養います。

カリキュラム

1年次

基礎実習として専任教員全員が各専門分野の講座を開設し、工芸の基本的な素材、金属、木材、土、ガラス、繊維に直に触れ、各自の資質と重ね合わせ実体験すること、加えて工業製品や家具など量産を目的にデザインするための学習、またコンピューター、製図、立体構成、プレゼンテーションスキルなど演習を行います。これは学生の選択による必修授業とします。

2年次

前期に本学科授業からひとまず離れ、造形力、描写力といったより確かな感性と美意識を養うため絵画、彫塑の授業を受けます。同時により専門性を視野に入れた演習授業や、プロダクトデザイン理論で進路、方向性を促します。各自の適正等を見極め、各専攻コースを決めてゆく大切な節目となり、より専門性の高い学習へと移ります。後期よりインダストリアル、インテリア、クラフトの3つのコースから選択し、より専門性を高める段階に入ります。
この選択は各自のこれからの人生設計を左右する重要な岐路となり、熟考が要求されます。

3年次

インダストリアルデザインコースでは様々に変革する身の回りの家電、自動車、その他プロダクト製品すべてを対象とし、広い視野をもっていかに人間性を大切にしながら多くの要素を整理し総合的にまとめる能力を養う指導を行います。科学技術の進化や生活環境の変化、その他資源、環境問題にも重大な影響が及ぶ仕事であることを認識することを考慮します。
インテリアデザインコースでは人間の生活のための道具、それらを包含する空間とその相互関係を学びます。生活環境における高い造形性を追求します。同時に人間の寸法、行動を踏まえて家具、照明などインテリアエレメントのデザインを素材、技術と共に学びます。公共空間、商業空間、屋外環境デザインなども対象とします。生活環境を、家具から空間までスケールを横断し、価値を生み出す能力を養うことを目標にします。
クラフトデザインコースでは5つの工芸素材、金属、木材、土、ガラス、繊維を実際に手作業によって作り上げることを大前提にカリキュラムを組み立て、各素材に分かれます。専攻によっては伝統的な技術を踏襲しながら現代社会にふさわしいモノ作りをすること、新しい試みや異素材との組み合わせ、時にはファインアートも取り入れます。柔軟な感性と造形感覚を磨き人間の尊厳を大切にした創作活動を目指します。

4年次

各コース共に専門性を追求し各自将来の方向性を確認すべき研究のまとめに取り組むこと、そして卒業制作に向け様々な実験を繰り返し、結果を出すことを促します。コースによっては、産学、インターンシップなどを奨励し、社会性を身につけることまた作品制作に打ち込む学生には個性の確立など着実に成果が上がることを見極めます。