基礎実習 1年次

(ガラス)

(内と外)

(道具の意味と使い方)

(Gift Design~想いをかたちに)

【基礎実習】は、工芸工業デザイン学科での学びの基盤となるさまざまな考え方や素材の基礎を習得するため、1年間を通して開講される授業です。全専任教員が各専門分野の講座を担当します。工芸の基本的な素材となる金属、木材、土、ガラス、繊維に直に触れ、学生一人ひとりが各自の資質と重ね合わせ、実体験することを重視しています。

表現実習II 素材-成型・編組・切削 2年次

ものづくりの原点でもある「素材の理解」「優れた造形」を学び、しっかりと仕上げる技術を習得します(写真は漆を使用した切削の課題作品)。

インテリアデザインIII 住空間のデザイン 2年次

壁には空間を分けるという機能以外にもさまざまな意味が考えられます。自ら見出した壁を切り口に、住空間のデザインを図面と模型を通して学びます。

インダストリアルデザインⅢ 造形演習C(デジタル演習)2年次

3D-CAD、3D-CGの概念と操作方法を学び、それらを活用しコンピュータの中で造形、カラーリングや素材感を検討しながら最終デザインをまとめ上げます。

クラフトデザインⅥ 陶磁 3年次

和菓子をテーマに器をデザインし、制作する課題です。学外展示を行い、社会との接点を探ります。

インダストリアルデザインⅦ ユニバーサルデザイン 3年次

生活用品や機器のユニバーサルデザイン(UD)を提案します。UD7原則やUD概念について理解を深め、使い手との対話を重ねながら具体的な提案を行います。電動工具のUD化を目指したモデル(写真)は、誰もが使える配慮が施されています。

インテリアデザインV チェアのデザイン 3年次

素材、用途を自由にデザインする課題です。この作品は塩ビパイプという極めてありふれた素材に切断加工を施し、木材と接着なしに組み合わせ、椅子の構造体として成立させています。

卒業制作 4年次

CD(テキスタイル専攻)/向井詩織『 美しさって、、、Beauty is...』

綿、季節の花|叩き染め|H110 × W9760 × D1220mm

美しく咲く生花を、布に叩き染める。生花と染色された布、どちらも美しいが、そこには犠牲がある。日々つきまとう制作者の葛藤が、素直に表現された美しい布です。

CD(金工専攻)/戸川木蘭『 芽吹く』

銀|H300 × W300 × D300mm

「生命の神秘」をテーマとし、繊細な線が織りなす有機的かつ緻密な線描画の世界観を、銀の細い線材を巧みに用いて立体造形に発展させた作品。

INT/井藤成美『THE STUDY series of Nogu』

農業用棒ネット、防風ネット、ゴミネット、園芸用ホース、ほか|H80 × W80 × D80mm~H1500 × W1000 × D1000mm

作者にとって身近な農業資材を新鮮な視点から一つの素材として見つめ直した作品。新たな表現方法を探求した。あらゆる加工法を試し、トライ・アンド・エラーの連続の中から生まれたものは、周囲の空気を優しく取り込み、素材とデザインの関係性の新たなる可能性を示唆するものとなりました。

ID/佐藤太亮『YOU-TOPIA』

ABS樹脂、3Dプリンター|H370 × W660 × D1232mm

AI、IoT、自動運転等の次世代技術で自律移動するストリートファニチャー。人の集まりや動きを捉え自律的に移動し、人の動線最適化や情報発信センターを担います。並木の様な姿は心地よく、楽しく感じられます。