学科理念・教育目標

今の時代ほど芸術が必要とされている時代は、かつてなかったと言ってもよいでしょう。たしかに現代はいろいろな面で豊かになり、便利になっています。情報やものが溢れ、その欲望はとどまるところを知りません。その一方で、不安はふくらみ、社会の矛盾と混乱は今まで以上に増大しています。このようななかにあって、芸術はどのような役割をもつのでしょうか?

芸術はそうした問題の直接的な解決手段になるわけではありません。芸術は、むしろそれらの問題 からもっと根源的なところまでさかのぼり、もうひとつの違ったやり方、もうひとつの違ったリアルさをさし示すのではないでしょうか。

絵もそのひとつです。それは、虚構で、夢や空想に近いものかも知れませんが、現代という時代を反映しています。「欲望」や「不安」や「希望」を反映しています。それらに共感することで私たちは今 “ここに生きている” ことを実感するのです。その意味で、絵は、私たちのありのままのすがたを映し出す “鏡” にほかなりません。いつの時代にも、かたちを変えながら存在し続け、問題が山積する現代でこそ、その意味を発揮するのだと思います。

絵を描くことは、単に造形の領域にとどまるものでもありません。絵を描くことで、そのなかにもうひとつの世界を見つけることが可能です。そのようにして私たちは想像の世界と現実の世界を行き来し、この世界にいる自分を発見するのです。油絵学科に入って絵を描くことには、そのような意味が含まれます。

では油絵学科は具体的にどんな学科なのでしょう。私たちの科は、絵画を中心とし、そこから派生するさまざまな分野にも、表現の可能性として目を向けていく科です。ですから、絵を描く人はもちろんのこと、インスタレーション、パフォーマンス、映像などさまざまな制作をする人が集まっています。

その特徴は、一言でいえば、「多様性」です。美術の価値判断はけっしてひとつではありません。さまざまな考えをもった学生がいて、それぞれが自分の方向性を見つけようとしています。私たちはそのことを最も大切にしていきたいと考えています。

普段の対話や講評会を通じてちがった考えを知り、自分の位置や方向を見いだすことが重要です。作品を通してのそうした話し合いこそが、美術を狭い枠に閉じ込めないで、社会との「共生」や「つながり」をつくる第一歩になるのではないでしょうか。それは同時に、美術が本来もっている豊かさや、人と世界をつなぐ力を認識する第一歩にもなります。

まず絵を描く。そこから画家になる、美術家になる、版画家になる、美術教師になる、映像やアニメをやる、音楽をやる、農業をやる、料理家になる、ふつうの人になる、その他数えきれないほどの「社会とのつながり」が生まれてくるでしょう。そこに出ていくための、最も基本的(根源的)なもの、 そのひとつが絵を描くことにほかならないのです。

このように、絵画を重層的にとらえ、あらゆる可能性を追求していこうというのが油絵学科の今の姿です。創作活動をつうじてそれぞれの学生が社会性を獲得し、広い意味での「表現者」となることを望んでいます。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

版をつくったり、紙に刷ったりする版画の制作過程での様々な体験を通して、新たな表現の可能性に出会い、学生一人一人の個性を再発見することを目指す。1、2年次での体験的な授業を経て、3年次からはより専門的に、銅版・リトグラフ・木版・シルクスクリーンのそれぞれの技法を学びながら、自分に適した版種を選んで主専攻とする。一方で、版種をまたいだ制作や、他の複数メディア表現への展開も可能とする。

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)

版画の技法習得はもちろん、何をどう描くのか、なぜ描くのかといった絵画表現の本質までを見極めながら、作品という自己実現によって社会に広く、発信してゆくことが出来る表現者を育成することを目指す。個の創造領域においては多様で自由な発想を駆使しながらも、工房という公共空間での他者との交流の中では、一定の規範を尊重しつつ、制作上の相互扶助を実践し、より豊かな人間性と社会性を養うことが可能な人材を広く求める。

  • 創造の本質を問いながら、版画を出発点に独自の自己表現を追求できる人。
  • 進取の精神をもって失敗を恐れず、版画のさらなる可能性を求めて挑戦を続ける人。
  • 幅広い視野を持ちながら専門性を深め、表現者としてだけでなく、社会人としても自立し得る人。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

版画の歴史が積み重ねてきた伝統を重視しながらも、同時に、美術としての同時代性を追求する先進的な指導の下、より本質的な造形力に基づいた表現者としての真の創造性を、卒業制作を通して具現化できたかを第一に問う。

  • 明確なテーマ設定の下、個々の問題意識を起点に、独自の視点で表現を深化させることが出来たか。
  • 個々の作品における表現者としての強度を裏付ける基礎的な造形力や、具体的な技術・技法が習得されているか。
  • 展示を含めて社会との関係性を認識しながら、作品空間を構築し、創作上の主張が的確に発信されているか。