本学独自の奨学金

武蔵野美術大学80周年記念 海外留学研究奨励奨学金

1929年に創立された本学の前身である帝国美術学校は当初から国際的な教育研究活動に積極的に取り組みました。本学はその帝国美術学校以来の国際的な教育研究活動を着実に展開し、その長い歴史と先見的な諸活動によって、現在では我が国を代表する美術デザインの大学として世界的に高い評価を受けています。

帝国美術学校の創立から80周年となる2009年から2018年までの10年間、国際的に活躍する人材の養成を目的として、本学を卒業または修了後に海外の大学院または本学が大学院と同等の課程であると認めた海外高等教育機関の正規課程に進学する者を対象とした海外留学研究奨励奨学金を設けています。世界的な規模での造形研究活動を目指す本学卒業生、修了生の皆さんの積極的な応募を期待しています。

学外の奨学金

ポール・スミス奨学金

ポール・スミス奨学金は、ノッティンガム出身の世界的デザインアイコン、ポール・スミス氏が出資し、優秀で才能ある学生にノッティンガム・トレント大学の修士課程で学ぶ機会を与え、若き才能を育成することを目指すものです。

留学先 ノッティンガム・トレント大学(NTU)
奨学金内容
(前年度実績)
  1. Nottingham Trent University、the School of Art & Design における修士課程コース(10ヶ月)に係る学費免除
  2. 奨学金6000ポンド(修士課程コース10ヶ月間の滞在費)
奨学金対象
修士課程コース
  1. ファッション分野
    MA Fashion Design
    MA Fashion Knitwear Design
    MA Textile Design Innovation
応募資格
  1. 応募時に本学大学院造形研究科修士課程2年生または造形学部4年生に在籍する者(ただし、NTU の要請により、本学留学生は対象とはなりません)。
  2. 奨学金対象となる修士課程コースと同分野を専攻している者。
  3. 応募時にIELTS5.0またはTOEFL(iBT)60程度の語学力を有する者かつ修士課程コース開始時2017(平成29)年10月までにIELTS6.5を取得可能な語学力を有する者。
  4. 留学生活に適応できる健康状態であること。
  5. 渡航費を自己負担できること。

公益財団法人国際協和奨学会・日本人海外留学奨学生

公益財団法人国際協和奨学会では、本学に在籍する海外留学希望者(平成29年9月~12月までに海外の大学等の正規課程に進学予定の者)を対象として、平成29年度日本人海外留学奨学生を募集しています。該当する希望者は、以下の要項にしたがって応募してください。
*応募締め切り:2017年1月10日(火)必着

問い合わせ先:学生支援グループ国際チーム

日本学生支援機構 海外留学支援制度(大学院学位取得型)

修士または博士の学位取得を目指し、海外の大学に留学する学生等を対象とした奨学金です。本学で応募の取りまとめはしませんので、各自下記サイトを確認し、個人で応募してください。