学費の振込依頼書送付について

学費振込依頼書は在学生学費負担者の方へ、年1回4月上旬に発送しています。前期後期分まとめての送付になります。ご不明な点、質問等ありましたら経理チーム(tel:042-342-6042、9:00-16:30、日・祝のぞく)までお問合せください。

学費の納入期限について知りたい

学費は年額を前期分、後期分の2回に分けて納入していただきます。納入期限は以下の通りです。以下の期日が土日祝日にあたる場合は、その直後の平日とします。

  • 前期分:4月20日
  • 後期分:9月20日

また、前期分納入時に後期分もあわせて納入いただいてもかまいません。

学費の納入方法について知りたい

本学指定の振込依頼書を使用する場合(推奨)
銀行窓口にて手続きをしてください。

ATM・ネットバンキングを利用する場合
学生が特定できない場合は不明入金となりますので、納入には必ず以下の流れに従い納入の手続きをしてください。

納入の流れ:

  1. お配りした振込依頼書をお手元にご用意の上、手続きを開始してください。
  2. ATM・ネットバンキングにて、振込先口座を振込依頼書記載の大学指定口座のうちから一つお選びください。
  3. 取組内容の入力の際に、お手元の振込依頼書より「金額」並びに「学費コード・学生本人名」をご確認ください。
  4. 金額入力欄には振込依頼書に記載の金額を入力してください。
  5. 「振込依頼人名」の変更を必ずおこなってください。
    振込依頼人名には、「学費コード(14桁の番号)」と「学生本人氏名」を続けて入力してください。(重要)
  6. 振込先、金額、学費コード(14桁の番号+学生本人氏名)をよくご確認の上、入金ください。手続き完了後に発行される控えは、振込の事実を証明するものですので大切に保管してください。

注意事項:

  • ネットバンキングでの誤操作や入力情報誤りにより損失やトラブルが発生しても本学は責任を負いません。
  • 振込手数料が発生する場合は、振込人負担となりますのでご了承ください。

学費の請求先を変更したい

保証人(保護者)の変更に伴う請求先変更を希望の場合は「保証人(保護者)変更届」、
保証人(保護者)は変更しないが、請求先を変更したい場合は「学費請求先変更届」の提出が必要です。用紙はどちらも教務チーム窓口に用意しています。

振込依頼書を紛失した

経理チーム窓口に来ていただければ、再発行します。また、郵送にも応じますので、希望の方は経理チーム(tel:042-342-6042、9:00-16:30、日・祝のぞく)までお問合せください。

学費を納入期限までに払えない場合

「学費延納・分納願」を提出し、相当の理由があると本学が判断した場合は、延納又は分納を認めます。
分納を希望の場合は2回に分けた所定の金額での納入を認めます。
「学費延納・分納願」は、経理チーム窓口に用意しています。郵送にも応じますので、希望の方は経理チーム(tel:042-342-6042、9:00-16:30、日・祝のぞく)までお問合せください。

学費未納となったとき

納入期限までに納入がない場合、本学から督促状を送付しますが、それでも納入がない場合は、学費未納による退学の措置がとられることがありますので、ご注意ください。
経済的理由により学費納入が困難な場合は、速やかに学生生活チーム(tel:042-342-6028、9:00-16:30、日・祝のぞく)に相談してください。早めに対策を講じることが何よりも大切です。場合によっては、奨学金採用の対象となる場合もあります。

学資ローンを紹介してほしい

本学は株式会社ジャックスと教育ローンに関する提携を結んでいます。当該教育ローンのサービスをお申し込みは学生生活チームまでご相談ください。また、国の教育ローン制度として株式会社日本政策金融公庫の教育ローンがあります。詳細は以下のwebサイトを参照の上、各自でお問い合わせください。
なお借入れにあたって、学費の金額を証明する書類が必要になる場合は、経理チームまでご連絡ください。

休学中の学費について知りたい

休学中は、学費(年額)のうち、授業料・実習費・施設費・維持費を休学期間相当分について半額免除した金額となります。前期分および後期分の学費を納入後に休学が決定した場合は、差額を返金します。詳細は経理チームまでお問合せください。
なお、休学にあたっては、事前に教務チーム窓口で相談してください。