学生等の学びを継続するための緊急給付金(10万円給付)の申請手続について

新型コロナウイルス感染症の影響により経済的な困難を抱える学生等に対し、緊急的に学資を支援するための給付金(学生等の学びを継続するための緊急給付金)が国から支給されることになりました。この給付事業では約67万人を対象に、支給要件を満たした学生に対して10万円が給付されます。

支給対象となる学生

支給には要件(基準)が定められています。

主な要件

1)日本学生支援機構の給付奨学金(高等教育の修学支援新制度における給付型奨学金及び2017年に開始した給付型奨学金)を令和3年12月10日に受給している者。
(休学等による支給停止者等を除く)
・該当者は全員が支給対象となります。申請手続は必要ありません。

2)次の要件を満たす者で大学が推薦する者

  • 原則として自宅外で生活をしていること
    (自宅生でも、経済的に家庭から自立している学生は対象)
  • 家庭から多額の仕送りを受けていないこと
  • 家庭の収入減少等により、家庭からの追加的支援が期待できないこと
  • 新型コロナウイルス感染症により、アルバイト収入に影響を受けていること
  • 第一種奨学金(無利子奨学金)等の既存の制度を利用している又は利用を予定して いること

3)上記 2)を考慮した上で多子世帯やひとり親世帯など、経済的理由により大学での 修学の継続が困難であると大学等が必要性を認めて推薦する者

給付金額

申請書類
該当者に係る提出書類
申請者への連絡方法 書類不備の連絡はLive Campusまたは電話で行います。
申請受付日程 2022年1月6日(木)から1月17日(月)12:00 郵送必着
  1. 郵送するとき
    必ずレターパックプラスを利用してください。
  2. 窓口へ持参するとき
    鷹の台キャンパス1号館2階 学生生活チームへ持参してください
    書類は角2またはA4封筒に入れ指定ラベルに記入の上、貼付してください 書類送付用ラベル(学生生活チームの住所が記載されています)[様式L]

日本学生支援機構への給付候補者の推薦について

  • 給付候補者は大学の審査委員会にて書類に基づき審査を行います。適格者は大学が日本学生支援機構へ推薦します。日本学生支援機構が対象者へ給付を実施します。
  • 各大学に対し推薦枠(給付金支給対象者の推薦上限人数)が配分されます。書類不備、申請要件を満たさない場合は不採用とすることがあります。また、推薦上限人数を超えた申請数があった場合は保留になる可能性がありますので、ご承知おきください。応募のタイミングにより保留になったときは2回目の配分(時期未定)で給付を検討します。
  • 推薦可否等は応募者全員に1月末までにLive Campusで通知します。

本件に関するお問い合わせは、学生支援グループ学生生活チームまでお願いします。(留学生の方は国際チーム)
12月26日(日)〜1月5日(水)は窓口を休止します。

お問い合わせ先

関連記事