学校で予防すべき感染症

学校保健安全法施行規則第18条に規定する「学校で予防すべき感染症(第1種、第2種、第3種)」に罹患した場合は登校することができません。

新型コロナウイルス感染症は指定感染症になりました。このため、学校保健安全法に定める第1種感染症とみなされ「学校で予防すべき感染症」となります。

第1種

エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、痘そう、南米出血熱、ペスト、マールブルグ病、ラッサ熱、急性灰白髄炎、ジフテリア、重症急性呼吸器症候群、中東呼吸器症候群及び特定鳥インフルエンザ、新型コロナウイルス感染症

第2種

インフルエンザ(特定鳥インフルエンザを除く)、百日咳、麻しん、流行性耳下腺炎、風しん、水痘、咽頭結膜熱、結核及び髄膜炎菌性髄膜炎

第3種

コレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌感染症、腸チフス、パラチフス、流行性角結膜炎、急性出血性結膜炎

学校で予防すべき感染症に罹った場合

上記「学校で予防すべき感染症」に罹患した場合は登校することができません。所属学科研究室への報告と、報告専用アドレスに必要事項を記載し、午前10時迄に保健室に送信してください。当日中に保健室から電話し、詳細を確認します。
登校禁止期間中の学生は、医師の指示に従って療養し、他者との接触は避けてください。

登校開始時は各書類を保健室に提出し確認します。
公欠の希望がある場合は研究室と教務チームに提出してください。

学生報告専用メールアドレス 鷹の台キャンパス:infec_student@musabi.ac.jp
市ヶ谷キャンパス:infec_ichigaya@musabi.ac.jp
件名・タイトル 「罹患者報告:氏名」
メール本文 1~8の必要事項を記載してください。
  1. 学生番号
  2. 氏名
  3. 電話番号
  4. 体温(本日と過去2日)
  5. 2日前からの経過と最終登校日(時系列に記載)
  6. 出席した授業名と使用教室(過去2日)
  7. 近距離接触者と接触日(時系列に記載)
    *目安として1メートル以内で15分以上の接触があった者(授業中の隣席者、食事同席者など)
  8. その他
    ・罹患者:診断日、治療経過など
    ・濃厚接触者(疑い者):罹患者(PCR検査・抗原検査者)との最終接触日、療養期間など
    ・受診や保健所に相談した場合はその結果など

お問い合わせ先

保健室
tel: 042-342-6029

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロード(無料)してご利用下さい。