学科理念・教育目標

芸術文化は、社会を豊かにする精神的基盤としてますます重要になっています。21世紀以降、独自の技術や様式にこだわらず、社会の現状といかに関わるかという姿勢が求められています。そして、これまで以上に芸術文化が社会にとって有益であり、かつ、欠かせないものであると、社会に生きる人々が実感することが重要です。そこで求められるのは、高度に専門分化した学びよりも、むしろ、さまざまな領域を横断・包括する視点から生まれた発想によって、社会と芸術文化をつなぐデザインができる人材の育成です。1999年創立以来、芸術文化学科は、このミッションに向き合い、人ともの、人と場、人と人との関係性を芸術文化の力を通してデザインし、社会を活性化していく人材を輩出することを目指しています。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

芸術文化学科のカリキュラムは、各学科共通の文化総合科目、造形総合科目と、学科別科目から成り立っています。また、カリキュラムの特徴として、卒業に必要な単位数内で学芸員資格を取得することができます。またそれにより、学芸員資格と合わせて、教職課程の履修も可能となります。取得できる教員免許状は、中学校教諭一種〈美術〉、高等学校教諭一種〈美術〉〈工芸〉です(「資格取得について」を参照のこと)。

[学科別科目]
社会と芸術文化をつなぐプロフェッショナルになるための学び

「芸術文化と社会をつなぐことによって、社会を活性化する」というミッションに基づき、私たちの生活を芸術文化的側面から捉え、それらを社会につなぎ、有機的に機能させることのできる人を育てるカリキュラムです。社会と芸術文化を創造的に「つなげる」ため、「見る」「聞く」「話す」「書く」という、創造活動の基本的な要素とその本質的な学びをデザインしています。
芸術文化学科では、さまざまな芸術文化を読み解き、理解し、社会につなぐ能力(リテラシー)を、次の二つの領域を軸として醸成します。一つはミュゼオロジー(博物館学)や美術教育も含めた、芸術文化をめぐる理論的・実践的研究を行う〈芸術文化研究領域〉、もう一つは、さまざまなメディア表現の特徴を理論的・実践的に研究する<メディア表現研究領域〉です。
そして、これら二つの領域をつなぎ、包括する重要な要素として、〈マネジメント〉を学びます。常に変化するリアルな創造の現場に臨機応変に対応し、社会と芸術文化をつなぐために必要なものが、〈マネジメント〉の理論と現場での学びです。授業では「アートマネジメント」「デザインマネジメント」のさまざまな事例を取りあげます。
実践的な学びのために開設しているのが、プロジェクト型授業「アーツプロジェクト」です。この授業は、学生が実践的な学びを深めることができるよう、美術館や学校、企業、自治体といった学外の諸機関や地域との連携をベースにカリキュラムがデザインされ、学年を横断して受講できます。教員の指導のもと、連携先とコミュニケーションを取りながら、ワークショップなどの教育プログラム、展覧会、空間デザイン、イベントなどを、学生が主体的に企画、運営します。

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)

芸術文化学科は、人類の歴史の中から生まれてきたさまざまな表現や事象がどのような社会的ニーズから生まれてきたのか、また、それらがどのように発展し、現代の社会に影響を与えているかについて、歴史的背景や時代の精神と結びつけて思考し、論じられる人を求めています。そこでは、旺盛な好奇心と想像・創造力、また、現実のフィールドに自らを持ち出し、そこで自分の思考や感覚を常に検証しながら、他者と協働する意欲と行動力が強く求められます。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

卒業時には、芸術文化を包括的、分野横断的、立体的な視点からとらえ、国際社会につなぐために必要な、幅広い領域における能力を獲得します。主な領域として、キュレーション、編集、鑑賞、文章表現、絵画表現、立体表現、空間デザイン、展示デザイン、グラフィックデザイン、映像デザイン、エクスペリエンスデザイン、プレゼンテーション、語学などが挙げられます。