学科理念・教育目標

21世紀以降、独自の技術や様式にこだわらず、包括的な視野をもって、大きく変化する社会の現状といかに関わるかという姿勢が求められている中で、「芸術文化」は、社会を豊かにする基盤としてますますその重要性を増しており、社会に生きる多様な人々がこれまで以上に芸術文化の価値を認識し、実感できるよう、伝え、つなぐことが必要です。そこで求められる、さまざまな領域を横断・包括し、生まれた発想をもとに、社会と芸術文化をつなぐリアルなデザインができる人材の育成を、芸術文化学科はミッション(使命)として掲げています。
1999年の創立以来、芸術文化学科は、このミッションに向き合い、社会を構成する、〈人ともの〉〈人と場〉〈人と人〉との関係を、芸術文化の力を通してデザインし、一人一人の人間と社会全体の活性化を目指します。

3つのポリシー

造形学部のカリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)、アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)、ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)は、以下のページをご覧ください。