1年次 アーツプロジェクト

アートサイト岩室温泉

新潟県西蒲区にある岩室温泉を舞台に、本学の卒業・修了展からセレクトした作品を展示し、ワークショップを実施するアートサイトの企画・運営に携わりました。芸術文化学科の学生が授業の一環として運営を行うようになり、今回で五回目です。私は、ガラスづくりのワークショップと「ゆもとや」旅館の展示を担当しました。この旅館は温泉街の玄関口にあり、ほかの旅館と比べて建物内のスペースも広かったため、先生のアドバイスを参考にしながら、空間に負けないような大型の作品を中心に集めました。展示は好評で「楽しかった」という声を多くいただけましたが、中には旅館の内装にとけ込んでしまって、認識されにくい作品があり、空間の魅力を生かすような展示の難しさを実感しました。来場者への配慮や、展示空間の重要性について学べただけでなく、地域おこしを目的としたアートイベントが抱える問題点を垣間見ることもでき、貴重な体験になりました。(2年|福崎陸央)

2・3年次 編集計画

編集計画 ポートフォリオ

紙、冊子|H297 × W210 × D10mm

毎週、展覧会展評を執筆し、その内容を冊子にまとめるためのページレイアウトの技術も磨く授業です。たくさんの展覧会に足を運んで取り上げるものを厳選し、濃密な内容にすることを心がける一方で、とにかくシンプルで見やすく、整然としたレイアウトを目指しました。その際ヒントになったのは、2年生のときに購入したある図録です。一冊の中でルールを設けながら、いくらページをめくっても飽きることのない、デザイン的な広がりのある構成を心がけました。最初は、文章や画像の配置にばかり目がいってしまいましたが、誌面の印象を左右する「余白」の重要性にも気付くことができました。この課題で初めて触ったソフトの基本操作もできるようになり、今では企画書などをつくるうえでも欠かせないツールとなっています。芸術文化学科は、自分自身の考えや感覚と向き合い、実践的な体験を通してそれをかたちにできる、無限の可能性を秘めた学科だと思います。(3年|原澤ミカ)