「何をどう描くのか」「なぜ描くのか」を見極めながら各自の個性を再発見する。

版画の技法は実にさまざまで、習得にも時間がかかります。1・2年次はその入り口として、版画制作と油彩やデッサンによる絵画制作を行き来し、絵画や版画について総合的に考察します。技法の習得に終始することなく、描くことの意味や本質と向き合い、骨太な基礎力を身につけます。

3年次からの専門課程では、木版・銅版・リトグラフ・シルクスクリーンの4版種のいずれかの工房に所属し、専門的な実習に臨みます。学年を超えて共有する工房は、互いが刺激し合う創造的空気に満ちているはずです。版種をまたいだ制作や、デザイン領域への展開を志向する学生のための指導体制も整えています。

カリキュラム

1年次

最初の授業では『デッサン』と『版画』を連動させながら集中的に制作することによって、『版で描く』という感覚体験の第一歩とし、その後、継続して基礎的な版画技法について幅広く学ぶ。

2年次

版画の基礎的な技法演習を継続しつつ、油絵学科としての多様な選択制のカリキュラムを受講することで、幅広い視野の中で表現者としての素養を習得する。

3年次

前期に銅版・リトグラフ・木版・シルクスクリーンそれぞれの集中講義を受講したのち、主専攻となる版種を選択し、後期以降、各工房において、より高度な専門性を追求しながら、自由なテーマのもと制作を進める。

4年次

3年次までの経験を通して体得した、表現者としての柔軟で幅広い造形力をもとに、学生各自が真摯に卒業制作に取り組むことによって、版画の新しい地平を切り開くような意欲溢れた、作品制作を実践する。