「何をどう描くのか」「なぜ描くのか」を見極めていく。

思い通りにならない版画という手法で「描くこと」の本質を追求し、作品によって社会へ 発信していくことができる表現者を育てます。
1、2年次での体験的な授業を経て、3年次からは木版・銅版・リトグラフ・シルクスクリーンを学びながら、版種をひとつ選んで主専攻とします。
版種を超えた制作や、さらにはデジタル表現や絵本、イラストレーション、インスタレーションなど複数のメディア表現への展開も望めます。3年次から油絵専攻への専攻変更も可能です。

カリキュラム

1年次

最初の授業では『デッサン』と『版画』を連動させながら集中的に制作することによって、『版で描く』という感覚体験の第一歩とし、その後、継続して基礎的な版画技法について幅広く学ぶ。

2年次

版画の基礎的な技法演習を継続しつつ、油絵学科としての多様な選択制のカリキュラムを受講することで、幅広い視野の中で表現者としての素養を習得する。

3年次

前期に銅版・リトグラフ・木版・シルクスクリーンそれぞれの集中講義を受講したのち、主専攻となる版種を選択し、後期以降、各工房において、より高度な専門性を追求しながら、自由なテーマのもと制作を進める。

4年次

3年次までの経験を通して体得した、表現者としての柔軟で幅広い造形力をもとに、学生各自が真摯に卒業制作に取り組むことによって、版画の新しい地平を切り開くような意欲溢れた、作品制作を実践する。