やわらかな頭脳と感性を育みながら、デザインのあるべき姿を問い続ける。

分化されたデザイナーではなく、「デザイン学」のもとに専門性を越境して新しい課題を発見し、創造的に活動しうる人材を育成するため、本学科では美術・デザイン系はもとより、理系・人文系など多様な個性の参加を求めています。変動する時代に対応するためのカリキュラムで、やわらかな思考を持続させる、思考の解体と再生を繰り返す4年間です。

カリキュラム

1年次

〈基礎デザイン学〉の基盤となる[デザイン論]では近・現代のデザイン思想の源泉やその水脈に触れ、これまでデザイン領域で考察・提起されてきた問題は何なのか、またデザインに携わる造形者たちがそれらをどのような表現としてあらわしてきたのかを具体的な事例に学びます。その実践の場としての[形態論][色彩論]では、「かたち」「いろ」の生成のもとになる〈デザインの原像〉を探求し、さまざまな演習を通して身体的に学んでいきます。
1年次では、絵画・彫刻・デザイン(コミュニケーション実習)を含む造形総合科目が必修または選択必修科目となります。

2年次

1年次から引き続いて、[デザイン論][形態論][色彩論]を中心にデザインにかかわる理論の学習と実践を深化させ、それらをより発展させた演習によってデザインの諸問題を考察していきます。本学科の理論的支柱である[記号論]においては造形言語を構造的に学びます。また選択による各種研究(テクスト、デジタルイメージ、プロダクトランゲージ、ヴィジュアルランゲージ、タイポグラフィなど)においては具体的なデザイン・プロジェクトを通して、学生各自のデザイン・テーマや問題領域の発見や追求をしていきます。

3年次

デザイン演習(ゼミナール)の選択については、ヴィジュアルコミュニケーション、プロダクト環境、インフォメーションと、大きく3つの科目群にくくられています。各自の興味や将来の方向性に応じて、いずれかに比重をおいた履修、あるいは異なる専門にまたがるような選択による履修も可能です。前期に、問題の発見や方法論、造形の方法、プレゼンテーションを扱う演習を配し、後期に、より総合的で実際のデザインへの応用を扱う演習を配しています。3・4年次に開設の選択による関連諸科学の理論演習(「人工知能論」、「オートポイエーシス論」、「詩学」など)を通して、デザイン・テーマを展開するための視野や問題発見・探究などのフィールドがさらに開かれていきます。

4年次

デザイン演習(ゼミナール)の選択は、3年次の選択を前提としながら各自のデザイン・テーマとの関連で行います。このゼミナールにおいて、卒業論文ないしは卒業制作へと展開されていく各自のテーマや方法論の前提が深められていきます。前後期を通じて中間発表の機会を設け、段階的に全専任教員による指導を行い、その計画と進捗を照査します。卒業論文・制作は4年間の学生の学習成果が集約される重要なプロジェクトとして、独自の問題意識、テーマ性、展開方法などが期待されます。