4コースが交差する自由自在なカリキュラムで独自の空間表現と豊かな創造性を養う。

各コースが相互に交差して影響しあうカリキュラムで、多様な造形表現と個性溢れる発想をともなった空間演出に携わる人材育成を目指しています。
1、2年次では、実習授業を通して身体を軸に基礎的な造形力や見立てによる空間造形と演出方法を学び、各自が自由な道のりを選択して表現の独自性を追求します。3年次以降は専門領域に分かれ、個性豊かな専門性を養います。

カリキュラム

1年次

デザインと空間の関係を考える上で、空間造形の主体となる自らの身体性を読み解くため、各領域での視点から固有な身体とモノとの関わりを探って行きながら立体表現の実習を行う。特に、「見立て」を前提とした影の世界での舞台演出などを含め、小規模なグループによる創作で、集団における個性や役割とは何かを考える。また、基礎的な造形プロセスの実習と、製図やドローイング技法などの技術的実習を通して、多岐に渡る立体表現の方法論を把握する。

2年次

自在な選択によって、多様な各領域の教員を選択することで自ら授業をプログラム化しながら、発想の根源的な意味を探り、固有な創造性を培う。キャンパス内における建築照明の実習課題や、後期には、毎年異なるテーマに対してプレゼンテーションされた教員を自由に選択し、本学科として4年間を通じ最大規模での空間表現による作品発表を一般公開として行う。

3年次

コースに別れた専門教育に移行しながら、それぞれの分野における課題を行い、後半ゼミナール形式による専門教育により、更なる表現力の深化を目指す。コースによって随時、舞台公演や公開展示を行いながら、より実践に近い姿で社会へ分け入るリアルな創造性を試す。

4年次

ゼミナールによる各専門領域での多様な表現への試みと、その成果として卒業制作に挑む。