学科理念・教育目標

「人間的自由に達するために美術・デザインを追求する」という本学の教育理念に則り、「空間」という視点から思考、想像、創造し、次代の生活文化を豊かに創造できるクリエーターを養成することが、空間演出デザイン学科の理念であり目的である。

この理念の実現と目的の達成のために、空間演出デザイン学科の教育は、以下について学び、各々の専門的領域を牽引出来る人材を育成することを目標とする。

  • 専門的領域*における深い学識
  • アーティスト・デザイナーとしての哲学と教養
  • 国際性

*空間演出デザイン学科の専門的領域

  1. 身のまわりにあるものを捉え直し、人と物、人と場所との関わり方をデザインする「環境計画」
  2. 公共空間・商業空間・住空間におけるインテリアデザイン、インスタレーション、環境設計を対象とする「インテリアデザイン」
  3. 身体をとりまく文化・環境・メディアへと広く視野を展開する「ファッションデザイン」
  4. 舞台芸術空間、舞台衣装や映像など、言葉・物語・音楽を立体化し劇空間とする「セノグラフィ」

3つのポリシー

造形学部のカリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)、アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)、ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)は、以下のページをご覧ください。