4コースが交差する自由自在なカリキュラムで独自の空間表現と豊かな創造性を養う。

各コースが相互に交差して影響し合うカリキュラムで、多様な造形表現と個性あふれる発想をともなった空間演出に携わる人材育成を目指します。1・2年次では、実習授業を通して身体を軸に基礎的な造形力や見立てによる空間造形と演出方法を学び、各自が自由な道のりを選択して表現の独自性を追求します。

3年次以降はセノグラフィ、インテリアデザイン、環境計画、ファッションデザインの四つのコースに分かれます。3年次後期より、多彩な分野から集結した10名の教員が主宰する各ゼミナールに進み、個性豊かな専門性を養います。

カリキュラム

全体

「空間を創造、デザイン(演出)する」という広範な領域を、表現の多様性を活かした講義と実習を通して学び習得することが本学科のカリキュラムの特色である。
1年次は「構想力・空間的造形力など想像と創造についての基礎」を学び、2年次には専門的な領域に至るまでのさまざまな講座を選択し、「空間デザイン(演出)についての教養と技術、表現」の独自性を培う。3年次前期は「各専門的領域の基礎」を学び、卒業までにより深く専門的に学びたい領域を模索する期間と位置付けられる。3年次後期から4年次は、専門的領域を担当する教員が開講するゼミナールを選択し、「より専門的で個性を重視した豊かで深い学び」を習得する。そしてこれらの学びは、4年間の集大成としての卒業制作での作品創造へと結び付けられる。

1年次

「空間を創造、デザイン(演出)すること」を学ぶためにはまず、想像し創造する人としての姿勢を、身体経験を通して学ばなければいけない。その姿勢とは、創造者として必要な教養・技術・思考方法を学ぶことでしか形作られない。1年次は、各専門的領域からの視座ではなく、「素材と空間」の実習、多岐にわたる芸術表現を具現化する実習、基礎製図・座学講義などを通じて、それらを総合的に学び、「想像し創造する人間の姿勢とは何か」を発見することに重点が置かれる。

2年次

2年次前期は、1年次に培った「想像し創造する姿勢」を持ち、より積極的に作品を作るために、多様な専門領域の教員を選択することが可能なカリキュラムとなっている。後期には、キャンパス内の空間を使用した環境照明実習課題や、「見立て」と「影」をテーマにした空間演出実習課題など、今後重要なメディアになるであろう「照明効果」を実習することで「空間演出と明暗・陰影」についての考察を深める。また、これらの課題は小規模なグループによる課題とされ、共同制作においての個人の表現方法についても各自体験し学ぶこととなる。そして、2年次の最終課題は、各々が各専門領域の指導教員を選択し、設定されたテーマに基づいた指導のもと制作した作品を展覧会形式で発表する。

3年次

3年次前期は、各個人が卒業までに取り組むべき専門領域を明確にするために、各領域の専任教員が用意する課題を選択する。異なる領域を選択し多くの視点と多種多様な思考を得ることも、同じ系統をじっくり深く学ぶことも可能である。後期からは、さらに各専門的領域を担当する専任教員によって開講されるゼミナールを選択し、表現力の深化を目指す。

4年次

引き続き開講されるゼミナールに参加することによって、より多様な表現への試みを繰り返し、在学の最終的な成果としての卒業制作に取り組む。