目的

第1条 この規則は、労働安全衛生法第18条に基づく衛生委員会(以下「委員会」という。)について定める。

委員会

第2条 委員会は、職員の健康障害の防止、健康の保持増進、労働災害の防止及び快適な職場環境を形成するための調査審議及び提言を行う。

委員会の構成

第3条 委員会は、次の各号に掲げる者をもつて構成する。

  1. 総務グループ長
  2. 総務チームリーダー
  3. 施設管財チームリーダー
  4. 衛生管理者から1名
  5. 産業医
  6. 職員のうちから理事長が委嘱した者 4名

2 委員会は、必要に応じて委員以外の者に出席を求めることができる。

審議事項

第4条 委員会は、次に掲げる事項について調査審議する。

  1. 職員の健康障害を防止するための基本となるべき対策に関すること。
  2. 職員の健康の保持増進を図るための基本となるべき対策に関すること。
  3. 労働災害の原因及び再発防止対策で、衛生に係るものに関すること。
  4. その他職員の健康障害の防止及び健康の保持増進に関する重要事項。

委員長

第5条 委員会の委員長は、総務グループ長とする。

2 委員長に事故のあるときは、総務チームリーダーがその職務を代行する。

委員会の招集

第6条 委員長は、委員会を招集し、その議長となる。

2 4名以上の委員の要請があるときは、委員長は委員会を招集しなければならない。

委員の任期

第7条 第3条第1号、第2号及び第3号の委員の任期は、その職務在任中とする。

2 その他の委員の任期は、2年とする。ただし、再任を妨げない。

3 欠員が生じた場合の補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

事務所管

第8条 委員会に係る事務は、総務チームが担当する。

附 則

この規則は、平成12年10月1日から施行する。

附 則

この規則は、平成27年4月1日から施行する。