自己点検・評価と内部質保証

本学は、教育・研究活動の活性化と質の向上に向けて、平成6年度より自己点検・評価活動を継続して実施しています。自己点検・評価委員会を常設し、本学の教育研究及び経営管理等の諸活動について、現状を的確に把握し、本学の教育理念、教育目標等と照らし合わせ、改善・改革計画を立て、その実現に向けて努力を行っています。
また、これまで取り組んできた点検・評価活動について、公共性の高い高等教育機関である大学として社会への説明責任を負うものと認識し、報告書を公開しています。
さらに平成24年度には内部質保証の方針を策定、平成28年度には内部質保証のためのPDCAサイクルを構築し、本学が自らの責任で教育活動等の質保証を担っていくことを明確にしています。

内部質保証の方針

武蔵野美術大学は、本学の教育理念の実現と教育目標の達成のために、全学的なPDCA(計画、実行、評価、改善)サイクルを確立し、教育活動の活性化と質の向上を図る。

内部質保証のためのPDCAサイクル

自己点検・評価報告書 2014年度

目次
序章
第1章 理念・目的
1.現状の説明
2.点検・評価
3.将来に向けた発展方策
4.根拠資料
第2章 教育研究組織
1.現状の説明
2.点検・評価
3.将来に向けた発展方策
4.根拠資料
第3章 教員・教員組織
1.現状の説明
2.点検・評価
3.将来に向けた発展方策
4.根拠資料
第4章 教育内容・方法・成果

(1)教育目標、学位授与方針、教育課程の編成方針・実施方針1.現状の説明
2.点検・評価
3.将来に向けた発展方策
4.根拠資料

(2)教育課程・教育内容1.現状の説明
2.点検・評価
3.将来に向けた発展方策
4.根拠資料

(3)教育方法1.現状の説明
2.点検・評価
3.将来に向けた発展方策
4.根拠資料

(4)成果1.現状の説明
2.点検・評価
3.将来に向けた発展方策
4.根拠資料

第5章 学生の受け入れ
1.現状の説明
2.点検・評価
3.将来に向けた発展方策
4.根拠資料
第6章 学生支援
1.現状の説明
2.点検・評価
3.将来に向けた発展方策
4.根拠資料
第7章 教育研究等環境
1.現状の説明
2.点検・評価
3.将来に向けた発展方策
4.根拠資料
第8章 社会連携・社会貢献
1.現状の説明
2.点検・評価
3.将来に向けた発展方策
4.根拠資料
第9章 管理運営・財務

(1)管理運営1.現状の説明
2.点検・評価
3.将来に向けた発展方策
4.根拠資料

(2)財務1.現状の説明
2.点検・評価
3.将来に向けた発展方策
4.根拠資料

第10章 内部質保証
1.現状の説明
2.点検・評価
3.将来に向けた発展方策
4.根拠資料
終章
大学基礎データ

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロード(無料)してご利用下さい。