本学は多摩アカデミックコンソーシアム(TAC)に加盟しています。
これによりTACの加盟大学で授業科目を履修し、修得した単位を本学での単位として認定しています(単位互換制度)。

多摩アカデミックコンソーシアム(TAC)

TACに加盟する大学は、単位互換にあたってそれぞれの大学の特色ある科目を提供しています。専門性に新たな展開を見出すため、あるいは様々な知的関心と興味に応じて教養の広がりを持たせるためなど、本学にはない分野の科目を学ぶことにより、大いに勉学に役立ててください。

写真:TACパンフレット2017
TACパンフレット2017

TACに加盟する大学は次のとおりです。

出願手続きについて

出願資格

本学に在学する造形学部の2年生以上の学生は、誰でも出願資格があります。
本制度に基づき履修を許可された学生は、「TAC単位互換履修生」として登録されます。

授業料

本制度に基づき、TAC加盟大学の提供科目を履修するに当たり、授業料は必要ありません。
ただし、科目により実習費等が必要な場合は自己負担となりますので、その場合は履修する大学の指示に従ってください。

受講可能な科目数

年間8単位まで。早稲田大学との単位互換とあわせて年間8単位を限度とします。

修得した単位の取り扱い

修得した単位は「自由選択枠」の科目区分枠として取り扱われ、12単位を限度に卒業所要単位とすることができます。

出願方法等

出願する前に

安易な気持ちで登録したり、理由なく学期途中で履修放棄することは真剣に履修しようとする人の妨げとなるばかりか、学生の受入に多大なご協力をいただいているTAC加盟大学に迷惑と負担をかけることになります。本学で受講する科目の時間割やキャンパスの移動時間等も充分考慮した上で、実現可能な履修計画を立ててください。

出願期間・方法

はじめにTACのサイトにて、総合案内および開講科目一覧、シラバス等を確認してください。

TAC 単位互換制度

本学での手続

1.以下の申請書をダウンロードして不備のないよう記入し、教務チーム窓口に提出してください。
受付期間:平成29年3月25日(土)~各大学受付期間最終日

2.教務チームの受付印を受けた「申請書(A・B票)」を受け取ります(C票は本学保管)。

科目開設大学(受入大学)での手続

3.科目開設大学(受入大学)が定めた下記受付期間中に直接出向き、「申請書(A・B票)」を指定の窓口[教務課、学務課等]で提出してください。

受付期間:

国際基督教大学 3月30日(木)~4月3日(月)[春学期、秋・冬は別途受付]
国立音楽大学 4月3日(月)〜5日(水)
東京経済大学 4月4日(火)~6日(木)
東京外国語大学 3月30日(木)~4月3日(月)
津田塾大学 4月3日(月)~5日(水)

4.科目開設大学(受入大学)の受付印を受けた「申請書(B票)」を受け取ります(A票は科目開設大学保管)。

受講許可の確認

科目開設大学(受入大学)より連絡のあった受講許可学生名は、掲示板にて発表します。

本学科目の履修登録等

本学授業科目のweb履修登録の際には、TAC加盟大学での履修許可科目を履修登録票の該当する曜時に本学の科目を登録しないでください。
万が一TAC加盟大学での受講許可科目と本学の授業科目が同一時間に重複した場合には、TAC加盟大学での受講許可科目を優先します。

TAC単位互換履修生証

受講を許可された者は、受入大学の窓口へ所定の写真を提出しTAC単位互換履修生証の発行を受けてください。受入大学の特別聴講学生番号も与えられます。TAC加盟大学の授業や試験等の際にはこの番号が必要となりますので、自分で番号を控えるなどして管理してください。
また、単位互換履修生証を携帯していない場合には、受入大学での施設利用や試験実施時などに支障を生じることになりますので、単位互換履修生証は常に携帯してください。

休講通知・試験・成績・単位認定等

1)休講・試験等、授業に関する通知は、原則として受入大学の掲示板で行われます。

2)TAC加盟大学で履修した科目の成績は、本学が定める成績評価基準に従って本学の単位として認定し、通常の科目の成績とあわせて成績通知書に記載し、通知します。
*大学によって入点時期が異なりますので、卒業年次生は特に注意して受講してください。なお、受け入れ大学では成績証明書の発行は行いません。

3)試験実施日時、曜日がTAC加盟大学で、通常授業が異なる場合があります。その日時が本学の試験と重なった場合にはTAC加盟大学の試験を受験し、本学の科目については追試を受けるようにしてください。なお、そのことを事前に教務チーム窓口で確認し、承諾を受けてください。