学校で予防すべき感染症

学校保健安全法施行規則第18条に規定する「学校で予防すべき感染症(第1種、第2種、第3種)」に基づき、武蔵野美術大学で公欠同様の扱いになる感染症は以下のとおりとする。

第1種

エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、痘そう、南米出血熱、ペスト、マールブルグ病、ラッサ熱、急性灰白髄炎、ジフテリア、重症急性呼吸器症候群、中東呼吸器症候群及び特定鳥インフルエンザ

第2種

インフルエンザ(特定鳥インフルエンザを除く)、百日咳、麻しん、流行性耳下腺炎、風しん、水痘、咽頭結膜熱、結核及び髄膜炎菌性髄膜炎

第3種

コレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌感染症、腸チフス、パラチフス、流行性角結膜炎、急性出血性結膜炎

学校で予防すべき感染症に罹った場合

上記「学校で予防すべき感染症」に罹患した場合には、医師の指示に従って出席停止とし、感染のおそれがないと認められたら「治癒証明書」を保健室に提出してください。

罹患の疑いがあり受診したが、「学校で予防すべき感染症」でなかった場合は公欠扱いにはなりません。

  • *罹患した場合は、状況確認や諸手続きの説明をしますので、保健室(042-342-6029)にすみやかに連絡してください。
  • *登校禁止期間中の学生は、医師の指示に従って療養し、他者との接触は避けてください。

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロード(無料)してご利用下さい。