プロジェクトベースの実践的な学びで、「創造的思考力」を実社会で応用する手段や方法を学ぶ。

基礎課程(1・2年次)では鷹の台キャンパスを拠点に、「造形実習・演習」を中心に美術・デザインの基礎を学び、「創造的思考力」の基盤となる造形言語リテラシーを身につけます。また、多彩な分野から構成される教養教育や、現代社会や産業への理解を深める必修科目を通じて、専門分野の枠を超えて求められる知識や思考力を養います。

市ヶ谷キャンパスが拠点となる専門課程(3・4年次)では、基礎課程の学びを社会で応用する手段や方法を学ぶ「クリエイティブイノベーション演習」や、提携企業・自治体との共同プロジェクトを行う「産学プロジェクト実践演習」など、大学にいながら実社会のリアルな問題を強く意識できるプロジェクトベースの学びが中心となります。クォーター制を導入し、学生が主体的にプロジェクトやインターンシップに取り組める環境も整えます。

カリキュラム

1・2年次

1・2年次の基礎課程は、鷹の台キャンパスにおいて、「造形・教養教育」と「現代社会・産業知識」という2つの軸で「創造的思考力」を養います。

造形教育では、鷹の台キャンパスのアトリエや工房を利用して、絵画・彫刻・映像の基礎について実習し、対象を観察する力やそれを自らの手で表現する力を養い、物事に対する新たな視点や認識を得ます。

また、作品を批評する「講評」を繰り返すことで、自らの思考を整理する力やプレゼンテーション力、コミュニケーション力を磨いていきます。こうした造形教育で培われる「創造的思考力」を生かすには、それを必要とする社会についても理解を深めることが大切です。そのため、美術・デザイン領域のみならず、現代社会や産業を含めた幅広い教養教育を展開し、多様な視点・切り口から、物事に潜む問題を見抜く観察力や洞察力を磨きます。

3・4年次

3・4年次の専門課程は、市ヶ谷キャンパスを学び舎として、「創造的思考力」を実社会に応用するための具体的な方法を身につける2年間です。

「クリエイティブビジネス」「クリエイティブテクノロジー」「クリエイティブヒューマンバリュー」の3つの専門領域について、プロジェクトベースで実践的に学び、研究します。アクセスの良い都心キャンパスだからこそ、提携企業や自治体との合同授業や産学共同プロジェクトなど、リアルな課題へ挑戦することができます。

また、学生が積極的に海外留学やインターンシップを経験できるように、3・4年次は1年を4分割するクォーター制を導入します。特にインターンシップでは提携企業の協力のもと、実社会におけるイノベーションを体験し、問題の解決方法などを身をもって学びます。さらに、同時開設される大学院造形構想研究科と一体の教育を行うなど、より多様で、高いレベルの学びの環境を用意します。