「何を問題にしているか」を問いながら、新しいアイデアを実現できる方法論を学ぶ。

デザイン情報学科の4年間は、時代の変化に流されず、逆にそれをうまく活用する力を身につけるための期間です。「デザイン」という行為を改めて見つめ直し、新しい時代に生きるデザイナーとしての方法論を組み上げるため、1・2年次は基礎的な講義や演習を通して、デザインワークのエッセンスを学んでいきます。

ゼミ形式の授業が始まる3年次からは、それぞれのゼミのスタイルに則した演習が展開されます。また、海外からの訪問教授を交えて行われる国際プロジェクトにも3年次の学生が中心となって参加します。4年次は卒業研究・卒業制作が中心。作品だけでなく、プロセスドキュメントの提出も義務づけているのが特徴です。

カリキュラム

デザイン情報学科では、表現の試行錯誤と創造性を重視する美術大学の教育環境をベースに、高度化する情報環境や多様化する表現世界への対応力を身につけるためのカリキュラムが設けられています。学科の科目群は、以下の方針に基づく理論科目と演習科目によって構成されます。

  1. 「何を問題とするか」という基点とフレームの確認
  2. デザインと情報学を二極とする往還運動への理解
  3. 視覚を中心とした知覚の装置化:「メディア表現系」
  4. 双方向情報交換の作法と演出:「コミュニケーション創発系」
  5. デジタルデザインの基礎ルールと応用:「デジタル技術系」
  6. 構想実現に向けた統合的なデザイン力、プレゼンテーション力の習得と強化

1年次

前期を3期、後期を4期とし、年間を7期に分けた集中制の演習が午前の演習時間帯に行われます。造形総合Ⅰ類の指定科目として、学科全員が第1 期に「絵画Ⅰ」、第2 期に「彫刻Ⅰ」を、また、第5期は、指定された造形総合Ⅰ類の選択科目から各自がそれぞれ関心のある科目を選択し他学科の学生とともに履修します。デザイン情報学科の専門演習は第3期に「デザイン情報学基礎演習Ⅰ」、第4期に「デザイン情報学基礎演習Ⅱ」、第6 期と第7 期に「デザイン情報学基礎演習Ⅲ」を履修するほか、第1期から第3期(前期)の午後の時間帯で「情報処理Ⅰ」を、また前期に「デザイン情報学概論Ⅰ」、後期に「デザイン情報学概論Ⅱ」をそれぞれ履修します。その他、文化総合科目及び造形総合Ⅱ類科目等を選択履修します。

2年次

2年次からは、13週間、9週間、4週間でユニットとなる本学科独自の授業パターンとなります。このパターンは、1年次の前期の3期間、後期の4期間と連動する構成となっており、前期9週、前期4週、後期4週、後期9週の順で区分され、13週の科目は、前期あるいは後期のそれぞれ13週を連続して受講します。また、前期4週と後期4週の計8週で構成される科目もあります。2年次の専門科目は、学年必修のものと、2年次から4年次までの間に選択履修する必修科目にわかれています。デザイン情報学科の学年指定の専門演習としては、「デザイン情報学演習」(9週間)が選択必修制となり、前期と後期に複数開講されるそれぞれ異なる内容の演習を選択履修します。また全学生が「情報処理Ⅱ」(9週間)を、さらには理論科目として前期に「デザイン情報学概論Ⅱ−A」(13週間)、「デザイン情報学概論Ⅱ−C」(13週間)を、後期に「デザイン情報学概論Ⅱ−B」(13週間)をそれぞれ履修しなければなりません。

3年次

デザイン情報学科にはコース専攻はありませんが3年次では各自が将来希望する分野を思い描いて独自の履修計画を立てていきます。共通の必修科目として「デザイン情報学各論Ⅰ」、「デザイン情報学演習Ⅲ」があり、これに加え各専攻領域を実験的に統合する学科独自のゼミ形式の「デザイン情報学総合演習Ⅰ」を履修します。また専門Ⅱ類選択科目は、国内外のゲストレクチャラーを招きデザイン情報分野の具体的かつ先端的な知見に触れる機会です。さらに、ワークショップ、グループスタディ形式を取り入れて、将来のグローバルなコラボレーションに備えた演習も提供します。

4年次

卒業研究・卒業制作が中心となる年次です。前期にゼミ形式の「デザイン情報学総合演習Ⅱ」を履修するとともに、将来の進路、専門性につながる研究、制作を進め、後期は卒業研究・卒業制作に取り組みます。