デザイン情報学基礎演習I「課題発見」1年次

「自ら解くべき課題を発見する」をテーマとするこの授業は、本学科の教育の原点です。4週間の集中授業で、社会の調査、観察からアイデア開発、プレゼンテーション発表までチームで取り組みます。

デザイン情報学基礎演習Ⅱ「デザインリテラシー」1年次

視覚の仕組みを読み解きながらデザインのもっとも基礎となる読み書き能力を身につけます。課題はすべて手作業でこなすことで、コンピュータでデザインワークを行う時もこの授業で得た感覚的な技術が生かされます。

デザイン情報学演習I・Ⅱ「インタラクションデザイン基礎」2年次

プロダクトの企画提案、プロトタイプ制作を通して、ヒトとモノ、ヒトとヒトの動的な関係を扱うインタラクションデザインの概念を理解し、さまざまなジャンルのデザインワークに応用できる実践的な方法を習得します。

デザイン情報学演習I・Ⅱ「プリントメディア編集基礎」2年次

「フライヤー」「ライナーノーツ形式の小冊子」「読ませて見せるエッセイ」の3課題の制作を通して、印刷物の企画、取材、記事作成といったエディトリアルデザインの全プロセスと情報編集の基礎を学びます。

デザイン情報学総合研究I「3年ゼミ」展示風景 3年次

授業の課題成果は展示形態で講評を受けることが多くあり、プレゼンテーション能力を向上させることができます。展示では、作品に合わせた展示方法を考え、アイデアやコンセプトをわかりやすく伝えることが重要です。

森山ゼミ/柳麗『 宇宙をすくう』

佐藤ゼミ

学生は各専門領域を選択して、自ら設定したテーマ・コンセプトを作品として表現する方法を追求していきます。作品を触って鑑賞することのできるインタラクティブ作品は、プログラミングで連動するセンサーの反応を繰り返しテストし、完成させていきます。

白石ゼミ/高橋麻莉『川ー空気と光をあやつる川ー』