7つの専門工房を駆使しながら独自の表現領域を探求する。

造形的な基礎と自分自身の視点を探ること。彫刻学科はこの二つを表現の基礎と考えています。1・2年次の基礎課程では、さまざまな素材と向き合うことで得られる身体的な思考を培いながら、表現技術と課題の設定力を鍛えるとともに、多様な歴史観を学びます。

3年次以降の専門課程では、緻密にレイアウトされた7種類の工房をベースに制作します。一つの教室やコースに留まることなく、目的により制作環境を選択でき、多方面から批評を受けられる環境です。また、同時代的な表現の視座を探る講義演習系の授業も並行して行い、主体的に課題を設定できる力も養います。

カリキュラム

全体

触覚の持つ知覚の根源性と表現の多様性を根本に置き、ひらかれた環境の中での専門性の追求を目指します。1〜2年の基礎過程では素材と対峙することで得られる身体的な思考を培い、基本的な表現技術と課題の設定力、素材と表現を起点とした多様な美術の歴史的な視点を学習します。3年以降は各テーマに従って制作を行い、同時代そして過去の作品を見る力を養います。学生は、制作環境をひとつの教室やコースに留める必要はありません。目的によって環境を選択することが可能であり、多方面から作品の批評を受けることのできる体制をとります。

1年次

触覚についての理解を深め、正確な立体造形力、差異を意識した制作展開、触覚を基底とした立体的なイマジネーションを身につけ、多様な表現方法を通じて、彫刻概念の基礎を自分自身の視点で習得します。

2年次

全て選択制のカリキュラムで、各自が目的に従ってカリキュラムを組みます。前半を塑造実習、後半を実材実習として、少人数制の集中的な指導により表現技術を習得し、素材の歴史性と独自性を考える実習となっています。

3年次

多様な専門工房を駆使した制作を行い、素材に対する各自の固有な関わりを探求します。主体的に課題の設定を行えることを目標とし、同時代の表現としての視座を探る講義演習系の授業も平行して行われます。前半はイメージの実現化を目指し、後半は自己の制作を分析し展開する可能性を探り、表現力を深めてゆく実習になります。

4年次

素材に対する各自の専門性を深め、これまで培ってきた表現力の展開を、客観的な視点と社会に発信していく方法を通して追求します。その過程で、表現の責任と独自性、作品が成立する地平と歴史への意識を様々な方面から問い、批評を加えていく指導を行います。